ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

固定資産税についてのお願い

3/40

埼玉県白岡市

■家屋の届出について~次の場合は届出をお願いします~
○家屋を取り壊したとき
 住宅や店舗、事務所、物置、車庫などの家屋を取り壊したときは市に届出をお願いします。
 届出がない場合は取り壊したことが確認できず、翌年度以降もそのまま課税される場合があります。
 また、毎年5月にお送りしている納税通知書の明細書を確認し、取り壊されている家屋が記載されている場合についても届出をお願いします。
 なお、固定資産税は毎年1月1日に所在する家屋が課税対象となるため、年の途中で取り壊した家屋があってもその年は課税されますのでご注意ください。

○未登記の家屋の名義を変更したとき
 登記をしていない家屋(物置や住宅の離れなどに多く見られます)の所有者が売買や相続、その他の理由により変わった場合は、市に届出をお願いします。
 登記をされている家屋は法務局からの通知により所有者の変更手続きを行っていますが、登記をしていない家屋については届出がない場合、所有者の変更をすることができませんのでご注意ください。

◇固定資産税を確定申告で経費算入されるかたへ
 毎年5月にお送りしている固定資産税・都市計画税の納税通知書には「課税資産(土地・家屋)明細書」を同封しています。
 この明細書には、一筆・一棟ごとに課税資産の所在、地積・床面積、評価額などと併せて、固定資産税・都市計画税相当額が記載されており、所得税の確定申告(事業所得等の経費算出)に利用することができます。

■償却資産(固定資産税)の申告をお忘れなく
 償却資産とは、土地・家屋以外の資産で事業に用いるために所有する構築物、機械・装置、工具及び備品などの資産であり、土地、家屋と同じように固定資産税が課税されます。
 そのため、償却資産の所有者は法律により毎年1月1日現在で市内に所在する資産について申告をする必要があります。
 市では個人や法人で商店や工場、農業等を営んでいるかた、駐車場やアパートなどを貸し付けているかた、その他事業を行っているかたに対し償却資産の申告をお願いしています。
 該当資産をお持ちのかたは、1月31日(木)までに申告書の提出をお願いします。
 なお、昨年中に新たに事業を始めたかたなど申告書が必要なかたはお問い合わせください。

次の償却資産は申告不要です。
・無形固定資産(特許権、漁業権、鉱業権、ソフトウェア等)
・耐用年数1年未満の償却資産または取得価額10万円未満の償却資産で、その資産の取得に要した経費の全部が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上一時に損金若しくは必要な経費に算入されたもの、取得価額20万円未満の減価償却資産で、法人税法または所得税法上、事業年度ごとに一括して3年間で償却を行うもの
・自動車税、軽自動車税が課されている車輌等

◇太陽光発電設備に係る償却資産の申告について
 ソーラーパネル等の太陽光発電設備のうち、一定規模の設備については償却資産の申告が必要となる場合があります。対象資産をお持ちのかたは申告をお願いします。

申告の対象となる太陽光発電設備
・空き地や家屋・カーポートなどの屋根に個人または法人が事業用に設置した設備
・個人が住宅用に設置した設備のうち、発電能力が10kW以上のもの(屋根の上に載せた設備も対象となりますが、家屋の一部として課税をしているものは対象外です)

問合せ:税務課資産税担当
【電話】内線121~123

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU