文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題

6/29

埼玉県蕨市

※ここでは4月上旬から4月下旬までの話題を紹介します

■高齢者支える新たな拠点
市内3か所目の地域包括支援センター(愛称:高齢者サポートセンター)が塚越2丁目に新設されました。4月1日から「(株)やさしい手」により運営が始まり、保健師・看護師や社会福祉士、主任ケアマネジャーがそれぞれの専門性を生かし、連携して地域の高齢者の皆さんの支援を行っています。

■子どもたちがジムを体験
4月1日、子ども会育成連合会中央支部がスポーツクラブNAS(なす)蕨(中央1丁目)を貸し切り、イベント「スポチャレ」を行いました。地域の小学生12人はジムのスタッフから指導を受け、逆上がりやボール投げ、縄跳びなどに挑戦。さまざまな種目を体験し、元気いっぱいに体を動かしていました。

■羊毛フェルトでネコ作り
羊毛フェルト猫作家の熊木早苗(くまきさなえ)さんによるワークショップが、4月3日に歴史民俗資料館で開かれました。ふわふわな羊毛を針で何度も刺して固める作業は、根気が大事。夢中で取り組んだ小・中学生18人は、かわいらしいネコを完成させ、すてきな春休みの体験をしました。

■新たな仲間を温かく歓迎
新入生を全校児童で歓迎する「1年生を迎える会」が市内各小学校で開かれ、南小学校では4月15日に開催。晴天の下、上級生による学校紹介や、南小クイズなどの歓迎イベントが行われ、1年生78人は南小の一員になった喜びを感じながら、早速、小学校での楽しい思い出を作っていました。
※CATVで放映します

■三学院の藤棚を一般公開
今年の「わらび藤まつり」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントなどは開催せず、先月20日から三学院の藤棚の一般公開を行いました。樹齢100年以上ともいわれるフジの花が見頃を迎え、訪れた人たちは春のひとときを満喫していました。
※CATVで放映します

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU