文字サイズ
自治体の皆さまへ

今月の河鍋暁斎記念美術館

11/29

埼玉県蕨市

天才絵師の作品 蕨にあり ─No.60─

■暁斎筆「鍾馗と五月幟」絹本彩色 軸装
5月5日の端午(たんご)の節句(せっく)には鍾馗(しょうき)を飾り、子供の健やかな成長を祈願することが知られています。暁斎の鍾馗図は多くの人から求められたようで、本図のような掛軸や木版画など、多数の作品が現存していることから、人気のほどがしのばれます。本図は左手で鬼を捉(つか)み、凄(すさ)まじい形相(ぎょうそう)で身構(みがま)える鍾馗の上部に、鯉幟(こいのぼり)とともに紋(もん)が入った幟が描かれており、「家紋(かもん)を入れて描いてほしい」と依頼を受けて描いた作品であることが分かります。
※本作品は現在の展覧会で御覧いただけます

河鍋暁斎(かわなべきょうさい) 天保2年(1831)~明治22年(1889)
現在の茨城県古河市に生まれる。浮世絵や狩野派を学び、江戸・東京の庶民から人気を博す。明治9年、万国博覧会に肉筆画を出品。14年、内国勧業博覧会で日本画の最高賞受賞。娘の暁翠も日本画家。

■河鍋暁斎記念美術館 開催中
「暁斎鯉つくし―四季の風物とともに―」展
同時開催 特別展「暁斎プラスワンシリーズ35 勇の鯉つくし」
開館:午前10時~午後4時
休館:火・木曜日、毎月26日~末日、年末年始
場所:南町4-36-4
入館料:一般600円 高校生・大学生500円 小・中学生300円 65歳以上500円
※65歳以上の人は年齢の分かる物、学生は学生証をご提示ください

詳細:河鍋暁斎記念美術館
【電話】441-9780

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU