文字サイズ
自治体の皆さまへ

今月の河鍋暁斎記念美術館

13/32

埼玉県蕨市

天才絵師の作品 蕨にあり ─No.75─

■暁斎筆「翡翠、木蓮、目高」 紙本色摺 団扇絵
長いくちばしの翡翠(かわせみ)が一匹の目高(めだか)を捉え、紫木蓮(しもくれん)の枝に止まっています。開いた花弁の奥には目高が列をなして泳いでいる姿が、あっさりした筆致で描かれています。
当時、人気の絵師だった暁斎は、団扇(うちわ)に貼るためのこのような多色刷木版画を数多く描きました。なお、本図は元々、明治14年(1881)に出版された絵本『暁斎楽画(きょうさいらくが)』の中の一図です。この『暁斎楽画』からは、他にも団扇絵に転用しようとしたものがあることが分かっています。

※本作品は現在の展覧会で御覧いただけます

河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい) 天保2年(1831)~明治22年(1889)
現在の茨城県古河市に生まれる。浮世絵や狩野派を学び、江戸・東京の庶民から人気を博す。明治9年、万国博覧会に肉筆画を出品。14年、内国勧業博覧会で日本画の最高賞受賞。娘の暁翠も日本画家

■河鍋暁斎記念美術館 開催中
企画展「暁斎・暁翠植物画」展
同時開催 特別展「第36回かえる展」

開館:午前10時~午後4時
休館:火・木曜日(祝日除く)、毎月26日~末日、年末年始
場所:南町4-36-4
入館料:一般600円、高校生・大学生500円、小・中学生300円、65歳以上500円
※65歳以上は年齢の分かる物、学生は学生証をご提示ください

詳細:同館
【電話】441・9780

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU