ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

「ひきこもり」について考えてみませんか

6/64

埼玉県越谷市

皆さんは「ひきこもり」という言葉に、どのようなイメージをお持ちですか。
例えば、家族との接触を断ち、トイレなど以外は自室で過ごしている状態、あるいは対人恐怖など。人によっては「ひきこもり」という状況そのものや「ひきこもり」となっている原因など、さまざまなイメージがあると思います。

■ひきこもりとは
国の定義を簡略化すると、ひきこもりとは「社会的参加を回避し、原則的には6カ月以上にわたっておおむね家庭にとどまり続けている状態」のことを言います。
令和元年(2019年)、内閣府による中高年のひきこもりに関する調査結果が発表され、ひきこもりの当事者や家族の高齢化、長期化が顕著であることが分かりました。いわゆる8050問題と言われ、社会的な関心が高まっています。
内閣府による全国調査では、若年層(15歳~39歳)が推計約54万人(平成27年度調査)、40歳~64歳が推計約61万人(30年度調査)という結果になりました。
この調査により、15歳~64歳のひきこもり状態の方は全国に110万人以上いるということが分かっていますが、識者によっては「もっと多いのでは」との見方も示されています。この調査を基に本市の人口比から推計してみると、本市においては、5,000人弱のひきこもり状態の方がいることになります。

全国のひきこもり推計(内閣府調べ):

■相談してください
ひきこもりが良い悪いということではありません。
ひきこもりの問題点は、徐々に周囲と接触を避けるようになり、孤立化していくことにあります。そして高齢化・長期化・孤立化をしていくほど、その解決の選択肢は少なくなります。ひとりや家族で抱え込まないで、まず下記の相談窓口にご相談ください。相談は、ひきこもりの当事者だけでなく、家族からも受け付けています。

■本市の取り組み
越谷市保健所精神保健支援室は、こころの健康相談の窓口として、精神保健福祉相談に対応するとともに、自殺対策、ひきこもり相談支援を行っています。電話相談や来所相談、家庭訪問などによる個別相談支援を実施しています。
また、講師に専門家や当事者を招いた講演会「家族教室」を例年開催しています。ほかにも、悩みを抱えた家族が話し合いや勉強会をする「家族の集い」、当事者が気軽に参加できる「居場所」を令和元年度(2019年度)から定期開催しています。これまで新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、一部で開催を延期していましたが、今後は感染防止対策を徹底し順次開催していきます。開催予定など、詳しくは市ホームページや広報こしがやお知らせ版でお知らせします。

問合せ:精神保健支援室(第三庁舎1階)
【電話】963-9214

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU