ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域包括支援センターだより〈高齢者の総合相談窓口〉

16/20

大阪府堺市南区

■暑い夏を乗り越えましょう
暑い日が続きます。高齢者の健康を守るには、脱水や熱中症を防ぐための水分補給、そして暑さに負けない体力を維持するための食事が重要です。暑い日が続くと、のど越しがよくさっぱりした食事になりがちですが、水分の多い食事が続くと胃液が薄まり、さらに食欲不振を起こすことがあります。

毎日の食事では、良質のたんぱく質を摂ることを心がけてください。良質のたんぱく質とは、8種類ある必須アミノ酸を多く含んでいるたんぱく質のことで、肉、魚、乳製品など、主に動物性の食品や豆類に多く含まれています。これらと、野菜を組み合わせた献立を組み合わせることで、バランスがよくなります。さらに夏は、色とりどりの夏野菜が見た目を楽しませてくれるので、食欲が出るように、盛り付けなども工夫するのも良いですね。水分補給とバランスの良い食事で暑い夏を乗り越えましょう。

問合せ:南基幹型包括支援センター
【電話】290-1866
【FAX】290-1886
【E-mail】minami-kikangata@sakai-syakyo.net

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU