ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

堺スタイルでの自然災害時の避難について

2/20

大阪府堺市南区

【~一人ひとりが自然災害から命を守るとともに避難先でも安全安心に過ごすために~】

■1 防災情報などを5段階の警戒レベルで発信しています
土砂災害・洪水などの自然災害による影響が区内のさまざまなところで予想されます。市では、避難が必要な災害の恐れがある場合、警戒レベルと避難情報をお知らせしています。

○土砂災害の前兆現象を確認した場合はすぐに避難を!
(詳細は「堺市南区広報紙「みなみ」 令和2年8月号」1ページをご覧ください)

■2 災害ごとにとるべき適切な行動を整理する
(正しく行動する)
災害の種類や災害への居住地などによってとるべき行動が異なります。災害リスクを防災マップやハザードマップを見ながら確認しておきましょう。

▽避難先について話し合っておきましょう
・自宅が安全な場合は建物の上階など自宅内の安全な場所に避難(在宅避難)
・安全な場所にある友人・知人宅などへ避難(分散避難)
・市が開設する避難所へ避難

▽南区防災マップ
「南区防災マップ」は、市ホームページからご覧になれます。区役所1階の市政情報コーナーでも配布しています。

■3 避難する時の準備をする
(正しく備える)
避難所へは、食料・水など必要なものをはじめ型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、マスクや消毒液、ウェットティッシュ、体温計や上履き(スリッパなど)も持参しましょう。すぐに持ち出せる場所に用意しておくことが大切です。

●避難所生活での感染予防のために
□避難所に入る前の体調チェック
□自分の体調を毎日チェック
□定期的に換気を行う
□手洗いや消毒の徹底
□他人と2メートルほど距離をとる
□密接した状態での会話は避ける
□3つの密(密閉・密集・密接)を避けましょう

◆おおさか防災情報メールサービス
気象・地震・津波情報、災害時の避難勧告・指示(緊急)や緊急のお知らせを配信します。
【E-mail】touroku@osaka-bousai.net
へ空メールを送信するか2次元コードから手続きを行ってください。
(2次元コードは「堺市南区広報紙「みなみ」 令和2年8月号」1ページをご覧ください)

問合せ:南区役所企画総務課
【電話】290-1800
【FAX】290-1814

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU