文字サイズ
自治体の皆さまへ

Information お知らせ(5)

19/51

大阪府守口市

■全国一斉「子どもの人権110番」強化週間
内容:いじめ、不登校、体罰、児童虐待など子どもの人権問題(相談無料・秘密厳守)
【電話】0120・007・110(ぜろぜろななのひゃくとおばん)(子どもの人権110番)
なお、電話相談以外にも、通年インターネットおよびLINE(ライン)人権相談を受け付けています。
日時:8月26日(金)〜9月1日(木)まで
午前8時30分〜午後7時(受付)
注意事項:8月27日(土)・28日(日)は午前10時〜午後5時まで

問合せ:大阪法務局人権擁護部第3課
【電話】06・6942・9492

■世界の平和を願い黙祷を
広島に原爆が投下された8月6日午前8時15分と、長崎に原爆が投下された9日午前11時2分に原爆死没者に対し、そして、8月15日終戦記念日の正午には戦没者に対し、冥福と世界の恒久平和を願って、1分間の黙祷を捧げましょう。

問合せ:人権室
【電話】06・6992・1512

■終戦記念慰霊祭
守口市遺族会は、先の大戦で亡くなられた人の霊を慰め、終戦記念日に新たなる平和の願いを込めて、次のとおり終戦記念慰霊祭を行います。
日時:8月15日(月)午前8時(集合…午前7時30分)
場所:大枝公園内慰霊碑前
注意事項:式典に見合った服装でご列席ください。

問合せ:
守口市遺族会【電話】090・1711・7293
地域福祉課【電話】06・6992・1570

■戦没者等のご遺族の皆さんへ
◇特別弔慰金の申請はお済みですか?
第十一回特別弔慰金の請求期限が近づいています。令和5年3月31日までに、請求してください。
注意事項:請求期限を過ぎると、第十一回特別弔慰金を受ける権利がなくなりますので、お早めに請求してください。
◇第十一回特別弔慰金の概要
特別弔慰金は、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法に基づき支給されるものです。第十一回特別弔慰金は、令和2年4月1日を新たな基準日とし、先順位のご遺族お一人に支給されます。
◇支給対象者
令和2年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける人(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給されます。戦没者等の死亡当時のご遺族で
1.令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した人
2.戦没者等の子
3.戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹
※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していることなどの要件を満たしているかどうかにより順位が入れ替わります。
4.上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
※戦没者等の死亡当時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた人に限ります。
◇支給内容
額面25万円、5年償還の記名国債
請求期間:令和5年3月31日まで

問合せ:地域福祉課
【電話】06・6992・1570

■令和4年度大阪産業局連携地域活性化事業「起業について学べるセミナー女性の起業#2」
日時:9月10日(土)午後2時〜4時
場所:枚方T-SITE4Fイベントスペース
(〒573-0032大阪府枚方市岡東町12-2)
申込み:ウェブ予約…枚方T-SITEホームページ
※QRコードは本誌をご覧ください。
定員:先着40人
講師:菅沼名津季氏
◇主催
北河内地域活性化推進協議会(北大阪商工会議所、守口門真商工会議所、大東商工会議所、四條畷市商工会)
◇共催
公益財団法人大阪産業局

問合せ:北大阪商工会議所中小企業相談所起業について学べるセミナー担当
〒573-1159
枚方市車塚1丁目1番1号輝きプラザきらら6階
枚方市立地域活性化支援センター内
【電話】072・843・5154
【FAX】072・841・0173

■土居地区商店会連合会夏まつり開催!!〜商店街で楽しい一日を〜
場所:京阪東通商店街、京阪商店街、旭通商店街、ポポラーレ土居、中通商店街
日時:8月6日(土)午前11時〜午後5時
内容:
▽キッチンカー出店(午前11時〜午後5時)
▽ライブイベント(午後1時〜5時)
▽その他ハンドメイド出店
備考:ライブ会場は京阪東通商店街ギャザtoドイホール前

問合せ:地域振興課
【電話】06・6992・1491

■フレッシュ朝市
内容:守口都市農業研究会会員が市内で栽培した新鮮で安心なおいしい地場産野菜を販売します。お越しの際は、手の消毒・マスクの着用にご協力お願いします。
日時:8月4日(木)午前9時〜(なくなり次第終了)
場所:市役所正面玄関

問合せ:地域振興課
【電話】06・6992・1516

■ひとり暮らし高齢者緊急通報機器設置事業
市内在住のおおむね65歳以上の病弱なひとり暮らし高齢者を対象に、急病などの緊急事態発生時に簡単な手段で第三者に通報することができる緊急通報機器を貸与しています。
機器の利用料は月額1265円。ただし、市民税非課税者は無料。なお、電話の基本料、通話料は自己負担です。
機器は固定電話回線を利用するため、固定電話が未契約の場合や無線タイプの電話では利用できません。

問合せ:高齢介護課
【電話】06・6992・1610

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU