ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ジェネリック医薬品(後発医薬品)を利用してみませんか?

6/51

大阪府阪南市

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許が切れた後に販売され、先発医薬品と同じ有効成分を同量含み、同等の効き目があると国に認められた医薬品です。開発費用が少ないため、薬の価格が安くなります。
ジェネリック医薬品に切り替えるには、医師や薬剤師にご相談ください。

■ジェネリック医薬品に切り替える時の注意点
・先発医薬品と色や大きさ、形などが異なることがあります。
・全ての薬に対応していません。
・薬局によっては取り扱っていない場合があります。
・薬代以外の診察料などにより自己負担額が変わらない場合や高くなる場合もあります。

問合せ:大阪府後期高齢者医療広域連合給付課【電話】06-4790-2031
保険年金課(国保/内線2296)(後期高齢/内線2215)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU