ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

TAGAJO ISM 多賀城に誇りを持った方、団体を紹介します

26/47

宮城県多賀城市

◆たがマルシェ 多賀城フェスティバル実行委員会
JR仙石線多賀城駅前の、ある日曜日。ハンドメイドの雑貨やアクセサリー、マッサージなど多彩なブースが並びます。「今の季節には、このアクセサリーが似合いそうですね」と、会話を楽しむアットホームな空間が生まれていました。
このイベントは「たがマルシェ」。今年で3年目を迎えます。主催は、多賀城フェスティバル実行委員会の皆さんです。団体を立ち上げて6年。メンバーの一人である菅野伸昭さんに思いを伺いました。

◇多賀城の良さを生かしたい
現在は10人で活動しており、半分以上が市外のメンバーとのこと。菅野さんの出身は福島県いわき市。「平成22年に多賀城に住むようになり、今では私のふるさとになりました。近隣の観光地や仙台も近くアクセスの良い多賀城は、本当に住みやすいですね。しかしそれだけではもったいないと思っています。震災後から地元のイベントに参加するようになり、今では、実行委員会のメンバーでマルシェを開催するようになりました」と振り返ります。「2年間(たがマルシェ)を続けてきたことで、『今年も4月から開催ですか?』といった声や、『この月も開催して欲しいです』といったうれしい言葉をいただくようになりました」と、次の開催に向けて、皆さんの声を励みにしながら準備を進めているそうです。

◇毎月第3日曜日はたがマルシェ
「これからも、自分の家の庭でゆったりするような居心地の良い空間にしていきたいです」と話す菅野さん。「たがフェスのメンバーは、交流できる場を作っているだけなんです。皆さんと一緒に作り上げている雰囲気がたがマルシェの魅力です。毎月第3日曜日はたがマルシェ。そうなればうれしいです」とほほ笑みます。
今年の開催は4月から10月の第3日曜日。出店してみるのも、立ち寄ってみるのもいいですね。

問合せ:多賀城フェスティバル実行委員会
【メール】taga.fes@gmail.com

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU