ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

えびの市の財政状況をお知らせします

1/17

宮崎県えびの市

えびの市の財政状況は、毎年5月と11月に公表しています。
税金や国・県からの交付金などの収入がどれくらいあり、どのように使ったのか、令和2年3月31日現在の予算の収入と支出の状況について公表します。

■一般会計歳入

▽用語説明
地方交付税:地方公共団体が等しく行うべき事務を遂行できるよう、一定の基準により国から交付されるお金
市税:市民の皆さんに納めていただいた市民税や固定資産税などの税金
国庫支出金:国から市に支出される補助金や委託金など
県支出金:県から市に支出される補助金や委託金など
繰越金:前年度から繰り越されたお金
市債:市がさまざまな事業を行う時、長期に渡って借りるお金
諸収入:市の預金利子や各種貸付金の元利収入など
その他:財産収入や使用料および手数料、寄附金、国からの各種交付金など

▽歳入(収入)
令和2年3月31日現在の収入の状況は、予算総額135億4444万5698円(うち平成30年度からの繰越額1億5594万3698円)に対して、収入済額122億4171万4503円で収入率90・4%です。
収入のうち最も多いのは、地方交付税の42億1037万4000円で、次に市税の19億3285万6739円、国庫支出金17億4143万5094円などとなっています。

■一般会計歳出

▽用語説明
民生費:子どもや高齢者、体の不自由な人のために使われる経費
総務費:行政運営のために使われる経費
衛生費:ごみ、し尿の処理や、市民の皆さんの健康を守るために使われる経費
農林水産業費:農業、畜産の振興のために使われる経費
教育費:学校、体育施設や文化財などの整備や、教育の振興のために使われる経費
土木費:道路建設や公園の整備などに使われる経費
公債費:市の借入金の返済のために使われる経費
その他:市議会の運営や、商工の振興、防災活動などに使われる経費

▽歳出(支出)
令和2年3月31日現在の支出の状況は、予算総額135億4444万5698円(うち平成30年度からの繰越額1億5594万3698円)に対して、支出済額110億4583万505円で、支出率81・6%です。
支出のうち最も多いのは、民生費39億7426万1997円で、次に総務費の16億7544万3650円、衛生費の9億4150万3773円などとなっています。

■特別会計の状況(単位・千円)

■市債残高と一時借入金の状況
令和2年3月31日現在の市債残高(市が借り入れたお金の残金)は、次のとおりです。
なお、令和元年度の一時借入金(年度内の支払資金不足を補うため一時的に借り入れるお金)はありません。

(単位・千円)

■住民負担の状況令和2年3月31日現在の市民の負担は、次のとおりです。
個人市民税の収入済額は、5億3,301万6,960円で、これを市民一人あたり(令和2年3月31日現在住民基本台帳人口18,973人)にすると、約2万8,093円となります。
一世帯あたり(令和2年3月31日現在住民基本台帳世帯数9,673世帯)では、約5万5,103円となります。
市民一人あたり:28,093円
一世帯あたり:55,103円

問合せ:市財政課財政係
【電話】35-3716(課直通)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU