ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

もしもに備えて(1)

5/17

宮崎県えびの市

近年、全国各地で異常気象による大規模な災害が発生しています。令和元年8月の九州北部の豪雨による大規模水害や関東・東北地方での台風15号・19号による豪雨や強風による広範囲にわたる災害など、各地に甚大な被害をもたらしました。
これからの季節は、大雨や台風による洪水や土砂災害が発生しやすくなります。風水害から身を守るため、大雨や台風などの気象状況の変化に日頃から関心をもち、事前に避難場所や避難経路を確認しておくことが重要です。

■土砂災害に備えましょう
大雨が原因のがけ崩れ、土石流、地すべり等の土砂災害は、一瞬で人の命を奪うことがあります。土砂災害はいつ、どこで発生するかわかりません。土砂災害警戒情報(都道府県と気象庁が共同で発表する防災情報)にも注意を払ってください。

■前兆現象に注意
土砂災害が発生するときには、事前に何らかの前兆現象が現れることがあります。

▽がけ崩れ
・木の根が切れる音がする
・がけにひび割れができる など

▽土石流
・山鳴りがする
・雨が降り続いているのに川の水位が下がる など

▽地すべり
・地面にひび割れができる
・沢や井戸の水がにごる
・斜面から水が吹き出す など

このような前兆現象に気付いたら、周囲の人にも知らせ、いち早く安全な場所まで避難することが大事です。(土砂災害については本紙9ページ参照)

■早めの「自主避難」を
住民の皆さんが、災害発生の危険度を直感的に理解し、的確に避難行動ができるようにするため、避難に関する情報や防災気象情報等の防災情報を5段階の「警戒レベル」を用いて伝えることとなっています。警戒レベルについては、下図のとおりです。
避難情報は、テレビやラジオ、防災行政無線放送や緊急速報メールなど、さまざまな方法でお知らせします(詳しくは、10ページ下「避難時の情報取得手段」参照)。身の回りで危険を感じたら、警戒レベルに関わらず、自らの命は自ら守る意識を持って、自主的に避難するよう心掛けてください。

■火山に関する情報に注意
新燃岳やえびの高原(硫黄山)周辺では火山活動が継続しています。火山に関する情報にも注意を払ってください。

防災行政無線放送の内容は、電話で再度確認することができます。内容が聞き取れなかった場合などは、ご利用ください。
専用フリーダイヤル:【電話】0120-23-4848

問合せ:市基地・防災対策課基地・防災対策係
【電話】35-1119(直通)

■警戒レベル
警戒レベルは、災害発生の危険度が高くなるほど大きくなります。警戒レベルが発表されたときは、それぞれの段階に応じて行動してください。

警戒レベル1:災害への心構えを高める
警戒レベル2:ハザードマップなどで避難行動を確認する
警戒レベル3:高齢者や要介護者等が避難を行う
警戒レベル4:対象地域住民全員が避難を行う
警戒レベル5:命を守るための最善の行動を実施する

■土砂災害
▽がけ崩れ
地中に染み込んだ水分が土の中にたまり、雨や地震をきっかけに一気に斜面が崩れ落ちることをいいます。がけ崩れはいきなり発生するため、人家付近でおきると逃げることが難しく、被害者の割合も高くなっています。

▽土石流
集中豪雨や長雨などによって、山や川の石や土砂が一気に下流に向けて押し流されることをいいます。規模によってその流れの速さは違いますが、時速20kmから40kmという速度で一瞬にして人家や畑などを破壊してしまいます。

▽地すべり
斜面の一部分、あるいは全部が、地下水の影響と重力でゆっくりと斜面の下方に移動していくことをいいます。移動土塊量が大きいため、大きな被害を及ぼす場合があります。一度動き出すと、完全に停止させることは非常に困難です。

■火山の異常現象
えびの市は、新燃岳やえびの高原(硫黄山)など、火山と共に生きるまちです。火山に関して「噴気の臭いや色の変化」「新しい噴気の発見」「川の水等の温度や色、臭いの変化」など、異常現象を発見した場合は、市や警察、消防署等へご連絡ください(火山の異常現象については本紙右図参照)。
また、登山中に異常を発見した場合は、速やかに下山しましょう。登山する場合は、事前に最新の火山活動や気象についての情報を確認してください。
・市基地・防災対策課【電話】35-1119
・えびの警察署【電話】33-0110
・えびの消防署【電話】33-6119
・宮崎地方気象台(防災)【電話】0985-25-4032

■非常用持出品
日頃から避難時に持ち出す物を準備しておくことが大切です。非常用持出品の例をチェックリスト形式で紹介します。非常時にできるだけ身軽に避難できるようにするため、持出品は避難に必要な物や貴重品等に限りましょう。非常用持出品は1つにまとめて、目につくところや枕元などの持ち出しやすいところに置いておきましょう。家族構成や季節などによって準備するものも変わるため、優先順位や任務分担を家族で決めておくことが重要です。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU