ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

高原図鑑 PLATEAU PICTORIAL BOOK「巣立ちビナ」

17/17

宮崎県えびの市

■シジュウカラ Parus minor(シジュウカラ目シジュウカラ科)
▽時々地面に落ちてます
ミヤマキリシマの花が山肌をピンク色に染めるころは、野鳥たちにとって一大イベント「巣立ち」のシーズンでもあります。
勇気を出して巣から飛び出してみたものの、まだ上手に飛ぶことができません。雨の中地面でじっとしている姿を見つけ心配になりますが、遠くで見守っていると、親鳥がやってきました。ヒナにエサを与えると、今度は背中をやさしくつつき始めました。どうやら飛ぶことを促しているようです。
巣立ったヒナはしばらく親と一緒に活動をします。その間にエサの取り方、上手な飛び方、身の守り方など生きる術を学びます。また、ヒナたちがじゃれあっている姿はほほ笑ましいものがあります。
もしヒナが落ちているのを見つけたら、拾わずにそのままそっとしておいてあげてください。多くの場合、親鳥が近くで様子を見ています。霧島山の豊かな自然の中ですくすくと成長し、私たちの周りで美しいさえずりを奏でてくれることを期待しましょう。
(文/えびのエコミュージアムセンター)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU