ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

町長室の窓 No.185 “健康・長寿のまち”平生

11/32

山口県平生町

高温多湿で不快指数が跳ねあがるこの時季、雨にしっとり濡れた色彩やかなアジサイがうっとうしい気分を吹き飛ばしてくれます。季節ごと私たちの心を潤し、元気づけてくれる花たちの存在は、実にありがたいものです。
ここで、元気が出る話をもう一つ。過日、平成27年度の山口県内各市町の「健康寿命」が発表されました。健康寿命は平均寿命とは異なって、介護を必要とせず自立して生活できる期間をいいます。“ピンピンコロリ”と言われるように、人生最後まで元気で暮らせることはみんなの願いです。
平生町は前回(平成22年度)調査では、男・女とも県下で第1位を占め、“健康・長寿のまち”として話題を集めただけに、今回の調査結果が注目されていました。それによると女性は85・34歳で断トツの第1位。男性が79・81歳で、残念ながら0・1歳差で山口市に抜かれて第2位となりました。いずれにしても、健康・長寿のまちであることに変わりないことが裏付けられたのです。
この背景には、何と言っても平生が気候温暖で住み良い環境にあること、海の幸、山の幸に恵まれ、地場の食材が豊富で食生活改善の取り組みが続いていること、元気で働く高齢者も多く地域のつながりが強いこと、各種ボランティア・サークル活動やサロン等、社会参加が活発なこと、そして保健予防施策や医療体制が充実していること…などがその要因として考えられます。改めて、皆さんの永年にわたる熱意と地道な努力の賜と、感謝申し上げます。
町はこのたび『第二次平生町健康づくり計画』を策定し、さらなる健康長寿の延伸にむけ、生活習慣病の予防と病気の早期発見に努めることとしています。特に、特定健診(40歳~74歳が対象)とがん検診について、平成32年度の受診率をそれぞれ、45%と50%に目標設定しているところです。受診率の向上にむけ、家庭や地域、職場や関係団体が一体となって継続的に取り組むことが重要です。皆さんのご協力をよろしくお願いします。
折しも、今夏、8月15日にNHKの全国巡回ラジオ体操会が本町で開催されることとなりました。
この機会に、町民総参加で“健康・長寿のまち”“元気な平生”を全国に発信していきましょう!

山田 健一

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階