文字サイズ
自治体の皆さまへ

構造改革特区制度により「萩市ワイン特区」が誕生!

9/47

山口県萩市

市内で果実酒(ワイン)製造を検討している事業者から相談を受け、果実酒の酒類製造免許での最低製造数量の規制を緩和する国の構造改革特別区域制度(構造改革特区)の認定申請を行い3月に認定されました。

適用開始日:令和3年3月26日
特区の範囲:萩市全域
適用される規制の特例措置:
萩市が地域の特産物として指定した果実(ぶどう、夏みかん、リンゴ、びわ等)を原料とした果実酒を製造しようとする場合、酒類製造免許での最低製造数量が、果実酒については6klから2klに引き下げられます。
本特例措置の活用により、市内の特産果実を用いた果実酒製造が小規模なワイナリーでも可能となります。
期待する効果:
(1)「萩ワイン」による地域活性化
(2)農業者所得の向上と地域への経済効果の波及
(3)「自然」や「食」などの地域資源を活用したコンテンツの充実により、観光客増加や関係人口の拡大等

問合せ:産業戦略室
【電話】25-3351

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU