文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度はたらクラスレポート

20/47

山口県阿武町

■はたらクラスとは
阿武町暮らし支援センターshiBano主催の地方創生の講座です。阿武町ならではの「働き方」を探求するため、専門家を講師として招き、ビジネスに役立つスキルを身につけていただく機会を生み出すプロジェクトとして、平成30年度から、毎年、セミナーを開催しています。

コロナ禍のもと、「SNS」(ソーシャルネットワーキングサービス)の重要性が増しています。今年度のはたらクラスでは「SNSやネットショップを使いこなそう」を年間テーマに決めて、令和3年10月から毎月1回、全4回のセミナーを開催。のべ32人がshiBanoに集まりました。

講師:「山口県よろず支援拠点」コーディネーター篠田典彦(しのだのりひこ)氏(1)~(3)・吉野貴普(よしのたかひろ)氏(4)

▽10/5(1)「いろんなSNSについて知ろう!」
SNSにはさまざまな種類があり、それらの違いについて学びました。また、そもそも、「なぜ情報発信が必要なのか」、という根本的なところからお話していただきました。参加者からは「少しずつがんばってみます」といった声があり、前向きな気持ちになれたようです。

▽11/2(2)「ネットショップ立ち上げ and SNS広告の強みを知ろう!」
ネットショップの立ち上げ方や、サービスごとの特徴を学びました。しかし、ショップを作っただけで売れるとは限らず、宣伝は必要です。選択肢の一つであるSNS広告のメリットや、掲載方法について学びました。

▽12/7(3)「Googleビジネスプロフィールの活用方法を知ろう!」
これは、Google検索で表示される「お店情報」の掲載サービスで、使いこなせれば、ビジネスの大きな力になります。自分がお店のオーナーになることで使えるコンテンツや、「口コミ」の重要性などを学びました。

▽1/11(4)「商品撮りのノウハウについて学ぼう!」
最後の講座は、SNSにもネットショップにも必要な「商品写真」の撮り方について。スマホでの撮影方法や、画像編集ソフトの使い方についても学びました。セミナー後、さっそく、ソフトを使って加工した写真をSNSに投稿された方もいらっしゃいました。

セミナーを通して、「まず、なにがわからないのか、がわかった」という声が印象的でした。「わからないこと」がわかれば、その先は自分で調べることも、人に聞くこともできますよね。参加者にとって、とても大きな一歩につながったのではないかと思います。
今後も個人事業主さんや、起業を考えている方向けのセミナーをする予定です。
「こんなことを知りたい!やってみたい!」というご意見がありましたら、ご提案ください。

問い合わせ:まちづくり推進課
【電話】2-3111

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU