ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

国民健康保険の給付状況

3/24

山形県三川町

国民健康保険(国保)は、病気やけがをしたときに、安心して医療機関を受診することができるよう、国民健康保険税(国保税)を納入し、加入者全員で助け合う制度です。平成30年度から、県と市町村が協力して運営しています。
加入者は、医療機関を受診した場合、医療機関等の窓口で年齢や所得に応じて医療費の2~3割を負担します。残りの医療費は、県が管理する特別会計から支払われます。特別会計は、国の負担金や補助金のほか、医療費水準や被保険者の所得総額を基に算出される市町村の納付金を財源にして、運営されています。
下表は、三川町における平成30年度の保険給付額(国保が負担した分)の状況です。平均被保険者数は、一般被保険者で前年度より56人減の1,548人、退職被保険者で31人減の21人でした。
保険給付額は、一般分が対前年度比1,169万円の減、退職分が755万円の減となり、一人当たり保険給付額は、一般分は266,390円、退職分が395,667円となりました。

■平成30年度の保険給付状況)

問合せ先:役場町民課国保係
【電話】35-7028

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU