ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

成年後見制度をご存じですか?

5/25

山形県三川町

「成年後見制度」とは、認知症や知的障害、精神障害などにより、判断能力が十分でない方の、生活や財産が守られるよう、その方の各種手続きを法律的に保護・支援する制度です。

■成年後見制度の仕組み
成年後見制度は「法定後見制度」と「任意後見制度」の二つに分かれます。

▽法定後見制度とは
現在、すでに認知症や知的障害、精神障害などの理由で判断能力が十分でない人が対象となり、本人の判断能力に応じて、「補助」「補佐」「後見」の三つの類型に分かれます。

▽任意後見制度とは
将来、判断能力が不十分になった時に備え、後見人になってもらいたい人と契約を結んでおく制度です。

■成年後見人等ができること
▽財産管理
本人の預貯金の管理、不動産などの処分、遺産分割などの財産に関する契約などについての助言や支援を行います。

▽身上監護
介護・福祉サービスの利用、病院の入退院の手続きや費用の支払いなど、日常生活に関わる契約などの支援を行います。

制度を利用するには、本人のほか配偶者や親族等が、家庭裁判所に相談、申し立てを行います。身寄りがないなどの理由で、申し立てをする人がいない場合は、町長が代わって成年後見等開始の審判請求の申し立てができます。
地域包括支援センターは、高齢者に関する総合相談窓口です。成年後見制度の他にも「心配だな」「ちょっと変だな」と感じたら、お気軽にご相談ください。

問合せ先:三川町地域包括支援センター(役場健康福祉課内)
【電話】35-7031

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU