文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和4年度三川町施政方針と予算(2)

3/23

山形県三川町

■基本目標(1)将来にわたって活躍できる人を育むまち
▽ZoomUp
・子育て
・学校教育
・社会教育

▽子育て世代の負担軽減
出産祝金の支給、中学生までの入院・通院医療費の完全無料化、保育料の段階的無償化を継続します。

▽妊娠・出産・子育て期にわたる切れ目のない支援の拡充
母子健康包括支援センターを拠点に、産前・産後サポート事業や産後ケア事業を通し、包括的な相談、支援体制の充実を図ります。

▽多様な子育てニーズに対応
民間と公立の3園での連携を図り、それぞれの特色を生かした保育・幼児教育のほか、子育て支援センターや学童保育所の運営支援により、多様な子育てニーズに対応します。

▽GIGAスクール構想に基づく教育
昨年度から開始した児童生徒1人に1台のタブレット端末を活用した学習と、一人ひとりの理解や能力・適正に合わせた個別最適な学びの指導体制を整えて、教育の質の向上に取り組みます。

▽地域とともにある学校づくり
町内の小・中学校全校に設置したコミュニティ・スクールは、地域の方々の協力のもと、さらなる取り組みの強化を図ります。

▽主な事業と予算
・小学校・中学校教育振興費・教育機器等整備事業…3,214万円
・子育て支援医療給付事業…2,882万円
・学童保育支援事業…2,496万円
・子育て支援センター事業…2,076万円

■基本目標(2)いつまでも健康で安心して暮らせるまち
▽ZoomUp
・健康福祉
・社会保障
・防災

▽地域共生社会の実現に向けて
今年度から始まる「第4期三川町地域福祉計画」に基づき、社会福祉協議会をはじめとする関係機関との連携を図りながら、地域福祉を総合的、かつ計画的に推進します。

▽新型コロナウイルス感染拡大防止と相談・支援体制の充実
長期化する新型コロナウイルスについて、感染状況に応じた適切、かつ迅速な対応を図るとともに、3回目のワクチン接種の早期接種完了を目指します。
また、生活困窮による相談が増加してきていることから、相談者の自立に向けた相談体制の充実を図ります。

▽地域防災力の強化
近年多発する自然災害の教訓を踏まえ、各関係機関等との情報共有、連携強化を図るとともに、総合防災訓練の実施や町内会自主防災会の支援などにより、地域防災力の強化に取り組みます。
また、消防活動では、担い手不足の解消を目的とした消防団員の処遇等に関して見直しを行い、消防団活動の強化を図ります。

▽主な事業と予算
・常備消防事務委託事業…2億179万円
・社会福祉法人等支援事業…2,303万円
・公共施設等長寿命化対策事業…2,013万円
・健康増進事業…1,579万円
・消防ポンプ整備事業…724万円

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU