文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和4年度三川町施政方針と予算(3)

4/23

山形県三川町

■基本目標(3)創造力にあふれ豊かさを実感できるまち
▽ZoomUp
・産業振興
・観光振興
・地域交流

▽農業所得の向上を推進
農業所得の向上に主眼を置いた振興策を再構築し、引き続き、こだわりの米づくりを推進します。また、園芸作物等による所得の獲得とともに、土づくりの支援を一体的に推進します。

▽地域経済の活性化
今年度も地域通貨「菜のCa」の発行事業を出羽商工会と連携して実施します。また、新型コロナウイルス感染症対策として中小企業に対する利子補給や、町外で就学している学生への支援を実施します。

▽観光協会やみかわ振興公社との連携
例年開催している季節ごとのイベント等を、創意と工夫により、感染症対策を万全にしてできる限り開催し、交流人口の拡大と賑わいの創出、地域経済の活性化に取り組みます。
また、観光協会や、いろり火の里施設を運営する(株)みかわ振興公社等との連携、さらに、ふるさと応援寄附金制度の活用により、本町の魅力を全国に発信し、多面的な誘客活動に取り組みます。

▽主な事業と予算
・土地改良施設整備事業…2億3,855万円
・中小企業等振興支援事業…7,548万円
・いろり火の里推進事業…5,410万円
・地域農業担い手育成推進事業…2,012万円
・新農業所得構造改革推進事業…949万円

■基本目標(4)未来に向かって継続し発展するまち
▽ZoomUp
・住環境整備
・町民参画
・行財政改革

▽桜木地区の早期宅地造成
定住人口の増加を目指す桜木地区住環境整備事業について、周辺地域の排水対策を講じながら、早期の造成を目指します。

▽住まいづくりへの支援
多様な住宅ニーズに対応した生活環境の形成を推進するため、住宅取得や住宅リフォーム工事等に対する支援に、引き続き取り組みます。

▽協働のまちづくりを推進
町民や町内会、事業所等の公益的な活動の支援のほか、さまざまな媒体を活用し、的確な行政情報を提供するとともに、町民の方々の積極的なまちづくりへの参加と提言等の機会の確保に努めます。

▽町民の利便性向上へ
国全体のデジタル化が進む中、本町においても、身近な行政サービスを提供する基礎自治体として、時機を逸することなく、行政事務のデジタル化や、手続きのオンライン化を進め、町民の利便性の向上とともに、事務の効率化に取り組みます。

▽主な事業と予算
・廃棄物処理事業…1億3,336万円
・電子自治体推進事業…5,997万円
・雨水対策推進事業…5,115万円
・かわまちづくり整備事業…2,192万円
・地域づくり活動推進事業…1,065万円

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU