ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和元年度決算

2/14

山形県中山町

町の一般会計と5つの特別会計の令和元年度決算が町議会9月定例会で認定されました。
一般会計は前年度と比べて歳入(入ってきたお金)は16.8%増、歳出(使ったお金)は17.9%増となりました。

■一般会計
町営住宅建設事業や防災行政無線(同報系)整備事業などの、大規模な工事が行われたため、歳入全体としては、平成30年度に比べ、16.8%(8億3,048万円)の増となりました。

▽用語解説(歳入)
自主財源:地方公共団体が自らの権限に基づいて自主的に収入できる財源。
依存財源:国や県により定められた額が交付されたり、割り当てられたりする財源。

■特別会計(歳出決算額)
投資的経費については、町営住宅建設事業や防災行政無線(同報系)整備事業が大きく影響し、歳出全体としては平成30年度と比較し、8億3,625万円(17.9%)の増となっています。

▽用語解説(歳出)
投資的経費:道路や施設など、将来に残るものに使われるお金。
義務的経費:支出が義務付けられ任意に節減できないもの。

■特別会計(歳出決算額)
国民健康保険特別会計:11億7,924万円
後期高齢者医療特別会計:1億3,499万円
介護保険特別会計:11億8,846万円
農業集落排水特別会計:5,899万円
公共下水道事業特別会計:4億9,636万円

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU