ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ひと・夢・まち 町長コラム

18/21

山形県中山町

■「天」に問え。(西郷隆盛・十の「訓おしえ」vol.10)
先月、日米野球界が誇るプレーヤー・イチロー(鈴木一郎)が現役を引退しました。野球の世界で常に挑戦し続けた一人の人間が、静かにバットを納めたその瞬間、一つのことをやり遂げた姿があまりにも美しく、言葉に言い表せない時間でした。彼の行動は決して他人と比べることはなく、その結果に対しても自慢するなどという低次元のレベルでもなく、淡々と続けてきたことを当たり前のごとく話す姿が、何故か西郷隆盛とダブってしまいました。

「不可能」の反対語は「可能」ではない。「挑戦」だ。

米野球界全球団で「42」が永久欠番となっている米野球界初の黒人プレーヤー、ジャッキー・ロビンソンの言葉です。イチローも常に前向きに挑戦し続けたことを話していました。誰かに言われたわけでもなく、誰かの責任にするでもなく、「今、自分がやるべきことは何だろう」、「何が足りていないから、このような状態なのか」自問自答し、27年間野球の道を歩んできたのだと感じました。まさに西郷さんが言っていた「敬天愛人」そのものであり、天に問い、天を目指して命の炎を燃やしきった野球人生だったと思います。

西郷さんは、自らの正道は常に天命を果たすことであって、そのために、「天」を敬い、使命を受け入れることが、世の中や人を大切にする道につながると考えていました。
今後は、「敬天愛人」・「南洲翁遺訓」について考えていきます。

中山町長 佐藤俊晴

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU