ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

最上広域市町村圏事務組合当初予算・主要事業紹介

11/18

山形県新庄市

■令和元年度 最上広域市町村圏事務組合 当初予算・主要事業

最上広域市町村圏事務組合は、最上8市町村で構成されている一部事務組合で、「ごみ「」し尿」の処理、消防や救急業務などを行っています。

□令和元年度当初予算の概要
令和元年度当初予算は、一般会計で28億5000万円、沖縄中部広域市町村圏の児童との交流などを行う、ふるさと市町村圏事業特別会計で1338万円となりました。一般会計は、平成30年度当初予算と比べ、エコプラザもがみの基幹的設備改良事業(9億4122万円)が完了したことなどで、総額で7億9800万円の減額となりました。また、ふるさと市町村圏事業特別会計では、沖縄中部広域市町村圏との姉妹締結30周年交流事業が終了したことに伴い、総額で779万円の減額となりました。

◇一般会計の主な事業

◇令和元年度一般会計歳入・歳出内訳

◇一般会計市町村分担金の内訳総務費○交流広場高天井照明器具改修事業(1337万円)

■令和元年度主要事業紹介
●総務費
○交流広場高天井照明器具改修事業(1337万円)
ゆめりあ交流広場の天井照明を寿命の長いLEDに交換し、広場を明るくします。
○もがみ体験館リニューアル事業(877万円)
ゆめりあ内のもがみ体験館を多様な展示・イベントに利用できる空間にリニューアルします。

●衛生費
○エコプラザもがみ包括運転管理事業(1億8399万円)
燃やせるごみを焼却処理する施設の維持管理に係る費用です。
○リサイクルプラザもがみ計量設備更新事業(1423万円)
リサイクルプラザもがみにある、持ち込まれたごみの重量を計測する計量設備の更新事業です。
○リサイクルプラザもがみ残余容量調査等調査事業(545万円)
ごみの埋立場に今後どのくらいのごみを埋め立て可能かを調査する事業です。
○リサイクルプラザもがみ最終処分場切替桝立上事業(1061万円)
ごみの埋立場地下水を処理するための配管を接続し直し、作業口となる切替桝を立上げ延長する工事です。
○もがみクリーンセンター汚泥運搬・処理事業(3916万円)
もがみクリーンセンターで発生した脱水汚泥を運搬・処理する事業です。
○豪雨災害復旧事業(1617万円)
ストックヤード搬入路、ごみの埋立場、もがみクリーンセンターに豪雨により堆積した土砂の撤去、および路肩崩落箇所を補修する事業です。

●消防費
○消防ポンプ車更新事業(9768万円)
各種災害に対応するために2台のポンプ車を更新整備します。
○119番通報対応多言語コールサービス整備事業(40万円)
外国人からの119番通報や救急現場等に対応していきます。

●教育費
○算数・数学スーパーバイザー(指導主幹)配置事業(1158万円)
最上地区の算数・数学の学力向上のため指導主幹を配置し授業改善を図ります。

【令和元年度ふるさと市町村圏事業特別会計の主要事業】

○少年少女沖縄派遣交流事業(566万円)
最上地域と沖縄の児童が互いの地域特性を学び交流を深める事業です。
○もがみ大産業まつり開催事業(207万円)
もがみ大産業まつりへの補助金の助成などを実施します。
○外国人誘客施設整備事業利子及び保証料補給事業(336万円)
外国人客に対応するための整備事業を実施する事業者に助成します。消防ポンプ車更新事業算数数学スーパーバイザー事業少年少女沖縄派遣交流事業令和元年度主要事業紹介

●公債費(元利償還金)の推移
本組合の公債費の元利償還金は、平成18年度に16億6284万1千円にまで膨らみました。その後償還が進み、昨年度の償還額は1億7479万円3千円とピーク時の10分の1程まで縮小しました。令和元年度はエコプラザもがみの基幹改良工事の償還開始などにより、3945万円増加し2億1424万2千円となりましたが、以後は減少していく見通しです。今後も計画的な起債の発行を行い、健全な財政運営に努めてまいります。
・少年少女沖縄派遣交流事業
・算数数学スーパーバイザー事業
・消防ポンプ車更新事業

問合せ:詳しくは、最上広域市町村圏事務組合へ。
【電話】22-2674

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU