ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

県立村山産業高等学校から町章の「焼きごて」と「盾」をいただきました

7/24

山形県朝日町

10月21日、県立村山産業高等学校(青柳晴雄校長/村山市)機械課の3年生3人が町長室を訪問し、町章の焼きごてと盾を町に寄贈しました。
同課ではこのほど課題研究の授業で村山地区14市区町村の市町村章の焼きごてと盾を製作。作品は地域の行事に使ってほしいという思いから各市町村に寄贈しています。
焼きごては「CAD/CAM(コンピューターを利用した設計・製造システム)」を使ったNC(数値制御)工作機械で製作。大きさは30mm×70mmの真鍮(しんちゅう)製で、町章と疫病よけとされている妖怪アマビエの2種類があります。「CAD/CAMを使うのが初めてで大変でした。神輿を担ぐ人が首に掛ける札やインバウンドできた外国人観光客へのおみやげなどに使ってほしい」と製作にあたった生徒たち。また、盾は2年前の卒業生が製作したもので今回焼きごてとともに寄贈されました。
この寄贈を受け鈴木町長は、「このような素晴らしいものをいただきありがとうございます。町のために活用させていただきます」と感謝の言葉を述べました。

問合せ:総務課 財務係
【電話】67-2111

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU