文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題

17/25

山形県村山市

市内で行われた催しや市にまつわる出来事などを取材し、市民の皆さんに楽しい話題をお伝えします。

■村山市産サクランボ品評会
6月22日、甑葉プラザで、高品質な村山市産農産物のPRとさらなる品質向上を目的に、市重点作物「サクランボ」の品評会を開催しました。
品評会には、農家の方が当日の朝に収穫した佐藤錦1キロバラ詰めが40点出品されました。堀雅彦北村山農業技術普及課普及推進主幹を審査委員長として4名が審査し、実の着色や粒ぞろいなどを確かめました。厳正な審査の結果、軽部進一さん(大久保)が最優秀賞に輝きました。また、8月25日には「村山市産モモ品評会」が行われます。

■全国各流居合道さくらんぼ大会
6月26日、市民体育館で第15回全国各流居合道さくらんぼ大会を3年振りに開催しました。居合の始祖・林崎甚助重信の故郷で居合発祥の地村山市に全国から大勢の剣士が集結しました。
試合前には、楯岡小学校居合道クラブの児童が堂々たる演武を披露し、会場から大きな拍手が送られました。試合は、段外から七段まで段位ごとに分かれてトーナメント形式で実施。選手の皆さんは、真剣な面持ちで日頃の鍛練の成果を発揮し、気迫のこもった剣技を披露していました。

■全日本天然ジュンサイ摘み採り選手権大会
7月18日、大高根地域の大谷地沼(通称じゅんさい沼)で、株式会社大高根じゅん菜採取(西川孝士社長)の主催による全日本天然ジュンサイ摘み採り選手権大会が初めて開催されました。
大会には、北海道や静岡県など県内外から34人が参加し、60分間の制限時間内で採ったジュンサイの量を競い合いました。参加者は慣れない箱舟の操作に悪戦苦闘しながらも、懸命に天然ジュンサイを探し出しては丁寧に摘み採っていました。競技の結果、750グラムを採った方が優勝しました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU