文字サイズ
自治体の皆さまへ

住民課生活環境室から

20/30

山形県飯豊町

■危険!夏型交通事故!
過去5年(平成28年から令和2年)の夏季の交通事故発生状況では、7・8月は午前10時、午後1時から午後4時に多く発生しています。ぼんやり運転(居眠りや考え事による漫然運転)による正面衝突・単独事故が増加するのが特徴です。夏季は普段よりも注意して運転することを心がけましょう。

◆夏型事故の特徴
(1)正面衝突・電柱への衝突等の単独事故が多く、死亡・重傷事故になりやすい
(2)暑さや疲れからくる、居眠り・ぼんやり運転が原因の正面衝突・単独事故が多発

◆交通事故防止のポイント
▽無理をせず適度な休憩をとる
長距離運転に限らず運転は疲れやすいものです。疲れを感じたら無理をせず、適度に休憩をとりましょう。

▽全席シートベルト
後部座席に乗る時もシートベルトを着用しましょう。

▽横断歩道のルールを守る
横断歩道は歩行者優先です。ドライバーには横断歩道手前での減速義務や停止義務があります。

問合せ:役場住民課生活環境室
【電話】87-0514

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU