文字サイズ
自治体の皆さまへ

第3回 やっぱり、飯豊で幸せになる 一緒に考えよう!新しい総合計画

6/30

山形県飯豊町

■[テーマ]特色ある地域づくり活動
~地区別計画について~
地区ごとに目指すべき未来について計画した地区別計画を紹介します

◆point01 地区別計画とは
地区別計画は、町内9つの地区の住民主体のまちづくりの指針となるものです。
飯豊町の地区別計画は、全国に先駆け、第3次総合計画において、土地利用計画と併せて初めて策定されました。総合計画の一つの柱として位置付け、第5次総合計画にも受け継がれています。飯豊町の住民参加のまちづくりを支える大きな土台でもあります。

◆point02 地区ごとの紹介
(詳細は全戸配布した「総合計画ダイジェスト版」をご覧ください)
〔記載例〕
▽地区名
キャッチフレーズ
重点ポイント(抜粋)
人口と高齢化率(令和2年4月1日現在)

▽中地区
3世代が暮らしやすい地域づくり
(1)田園散居集落と伝統文化の保全と継承
(2)自主防災組織体制の連携強化
男…450人 女…439人 合計…889人
世帯数…272世帯 高齢化率…34%

▽萩生地区
最先端科学技術・産業と調和する伝統と景観のまち
(1)地域コミュニティが活性化し、和やかな活気ある地域
(2)最先端科学技術が地域に溶け込み、子どもの未来を育む地域づくり
(3)歴史と伝統と文化・屋敷林のある田園散居村を育む地域づくり
男…776人 女…811人 合計…1,587人
世帯数…531世帯 高齢化率…31%

▽黒沢地区
未来に繋がる種を蒔く
〜世代を越えて、としょりからおぼごまで おもしゃい黒沢〜
(1)子どもからお年寄りまで世代間で支え合いのできる地域づくり
(2)黒沢の歴史と文化の調査
男…251人 女…263人 合計…514人
世帯数…174世帯 高齢化率…41%

▽椿地区
つながり つむぐ つばきの里で
(1)景観・伝統・文化の継承
(2)支え合える地域づくりプロジェクト
男…552人 女…572人 合計…1,124人
世帯数…378世帯 高齢化率…32%

▽小白川地区
住みたくなるまち 天狗の里 小白川
(1)天狗山を活用した地域活性化
(2)伝統文化の継承と支え合いによる地域づくり
男…271人 女…267人 合計…538人
世帯数…161世帯 高齢化率…39%

▽東部地区
ここは ぼくらの イーデトーブ(理想郷)
(1)地域で子どもを守り育てる取り組み
(2)地域資源を継承し、農林業等の活性化を図る
(3)新たな産業と交流による賑わい創出
男…558人 女…614人 合計…1,172人
世帯数…444世帯 高齢化率…44%

▽手ノ子地区
私たちの暮らしとふるさとに魅力と誇りを創る
(1)小さな拠点と集落ネットワーク圏の整備
(2)景観保全と魅力ある住環境の整備
(3)各部会活動の推進と発展
男…228人 女…245人 合計…473人
世帯数…168世帯 高齢化率…42%

▽高峰地区
心ゆたかな未来へ ~ゆいの里 たかみね~
(1)「ゆいの里」の継承
(2)克雪、利雪の推進と有効な土地利用による地域活性化
男…158人 女…148人 合計…306人
世帯数…106世帯 高齢化率…43%

▽中津川地区
ここに暮らすしあわせ・いいもんだ中津川
(1)中津川総合産業法人の設立
(2)菅沼峠の整備に向けた運動
男…119人 女…119人 合計…238人
世帯数…107世帯 高齢化率…61%

地区には、それぞれの歴史、個性や特徴があります。その良さを生かし、次世代につなげ、活力ある地域をつくるため、住民が地区のことを自ら考えること、地域内での合意形成を図りながら地域づくりを進めていくことが大切です。

◆point03 地区ごとの土地利用計画
第3次総合計画から地区別計画で丹念に土地利用計画図を作成し、今日までそれをベースにした土地利用が図られています。先人たちから受け継いできた飯豊町の田園環境と景観は貴重な財産です。その上で、これからの時代に対応した地区別土地利用計画づくりを推進することが重要です。

問合せ:役場企画課総合政策室
【電話】87-0521

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU