文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度一般会計予算269億2,000万円

1/41

山梨県甲斐市 クリエイティブ・コモンズ

3月定例市議会で、本年度の予算が決まりました。「第2次甲斐市総合計画(後期基本計画)」の基本目標を踏まえ、市の将来像である「緑と活力あふれる生活快適都市」の実現に向け、施策を進めていきます。

■歳入
・税収は、固定資産評価替えによる固定資産税の減収や新型コロナウイルス感染症の長期化による市民税等の減収が予想されることから、市税全体で前年度対比1.9%の減額となりました。
・寄附金は、ふるさと寄附金の増加により前年度対比80.0%の増額となりました。
・市債は、臨時財政対策債、辺地対策事業債などの増加により、前年度対比5.6%の増額となりました。
(円グラフは広報本紙をご覧ください)

○会計別の令和3年度当初予算会計別予算額

■歳出(性質別)

○用語解説
扶助費:生活、医療、教育などの支援にかかる経費(医療費助成など)
人件費:職員の給与や各種委員の報酬などの経費
物件費:委託料、光熱水費、消耗品費などの経費
補助費等:一部事務組合や各種団体への補助金などの経費
公債費:借入金の返済の経費(元金、利子)
繰出金:特別会計などの運営のための経費
普通建設事業費:社会資本の整備にかかる経費(道路整備や教育施設整備など)
積立金:財源調整のための財政調整基金や使い道が特定される目的基金への積立
維持補修費:施設の機能維持のために使われる経費

■歳出(目的別)
・土木費は、山梨県緑化センター跡地活用事業における新たな基本計画策定業務などにより、前年度対比24.4%の増額となりました。
・民生費は、民間保育所整備事業における保育所等整備交付金などにより、前年度対比2.4%の増額となりました。
・商工費は、商工振興事業における小規模企業者持続化補助金などの増加により、前年度対比8.2%の増額となりました。
・災害復旧費は、平成30年度の台風24号により被災した楯無堰(たてなしせぎ)頭首工の復旧工事終了により、前年度対比98.0%の減額となりました。
(円グラフは広報本紙をご覧ください)

○市民1人あたり予算額
※一般会計269億2,000万円を人口75,806人で計算(令和3年3月末日現在、外国人登録含む)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU