文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナワクチン接種QアンドA

6/41

山梨県甲斐市 クリエイティブ・コモンズ

Q:ワクチンの効果は?
A:標準的には20日の間隔をおいて2回接種し、2回目の接種から7日目以降における有効性(発症予防効果)は約95%です。

Q:副反応はありますか?
A:主な副反応は、注射した部位の痛み、頭痛、筋肉や関節の痛み、発熱、寒気、疲労等があります。多くは接種当日に症状が現れ、持続期間は約2日程度が多いとの報告があります。

Q:変異株の新型コロナウイルスにも効果はありますか?
A:ウイルスは絶えず変異を起こしていくもので、小さな変異でワクチン効果がなくなるというわけではありません。また、ファイザー社のワクチンでは、変異株にも作用する抗体がつくられたといった実験結果も発表されています。

Q:接種後は、感染予防対策はしなくてよい?
A:ワクチンは、コロナウイルスの発症や重症化を予防するものです。接種後も感染予防(マスク着用、手洗い等)は必要です。

問合せ:健康増進課(本館1階)
【電話】055-278-1694

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU