文字サイズ
自治体の皆さまへ

おしえてドクター

42/48

山梨県韮崎市

Q:コロナ禍で3密を避けた方がよいのだとは思われますが病院への受診は大丈夫なのでしょうか?

A:当院では発熱者外来を設けることによって他の患者さんと区別したり、待合室が密にならないように席を空けて座っていただいたりしています。また、患者の皆さんのご協力のもと入り口での問診や検温も実施させていただいています。
症状があるのに受診を先送りにすることで命を脅かす病気の診断が遅れることもありますので「コロナが落ち着いてからにしよう」という考えは持たずに、受診しましょう。
新型コロナウイルス感染症は恐ろしい病気ではありますが、2、3か月受診が遅れることによって手遅れになる病気もたくさんあります。
当院では、例年に比べて癌の手術件数が少ない傾向にあるようです。あくまでも個人の見解ですが、新型コロナウイルスによる「受診控え」や「健康診断敬遠」が少なからず影響しているものではないかと考えています。

アドバイザー 韮崎市立病院外科 医長 赤澤祥弘先生

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU