ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

結成10周年 市民カメラマンが伝える各務原の魅力

1/19

岐阜県各務原市 ホームページ利用規約等

市内のイベントや風景などを撮影し、広報紙や市ウェブサイト、SNSなどで市の魅力として発信しているボランティアの「市民カメラマン」。平成23年の結成から今年で10年目を迎えました。今回は、現在、活躍する5人に活動での喜びや苦労、市民カメラマンになって気づいた市の魅力などをインタビュー。また、今まで撮影した写真の中で、思い出の1枚を選んで紹介してもらいました。

◆尾崎傑さん(結成当初より活躍)
カメラ歴:約19年
写真スタイル:風景、人物
活動期間:平成23年10月~ 

イベントに参加する皆さんの自然な表情を引き出すため、その場の雰囲気に溶け込むように撮影しています。人の撮影では、表情や動きの予測がつかないことがしばしば。その動きを予想しながら撮影することは、楽しいなと感じます。 
思い出の写真は、みんなでバルーンを上げた後、急いでその中に入ろうとする様子です。学生と親子が楽しそうに触れ合っている様子がほほ笑ましく、印象に残っています。

◆富田博道さん(結成当初より活躍)
カメラ歴:約49年
写真スタイル:風景、ネイチャー、マクロ(アップ)撮影
活動期間:平成23年10月~

初めの頃は、市民カメラマンが認知されておらず、警戒され思うような撮影ができなくて苦労しました。撮影では、講座やイベントの始まりから終わりまでが伝わる写真を撮ることを意識しています。これからも、参加者の表情や触れ合いを伝えていきたいと思っています。 
思い出の写真は、大きなしゃぼん玉が消える瞬間をとらえた一枚。少女の笑顔とともに、貴重な一瞬を撮らせてもらったことに感謝しています。

◆大澤里美さん
カメラ歴:約14年
写真スタイル:風景、人物
活動期間:平成29年4月~

撮影をする上で気をつけていることは、イベントなどの参加者を全員撮影すること。そして、写される方とお友達のような距離感で撮影することです。「良い写真が撮れた!」と実感できるように、自然な笑顔を引き出していきたいです。 
思い出の写真は、特定外来生物「オオキンケイギク」を駆除し、その花びらでハンカチを染色した女の子の写真。染色後のハンカチを自分から見せてくれ、とても良い笑顔でした。

◆尾崎昭喜さん
カメラ歴:約21年
写真スタイル:風景、人物
活動期間:平成29年4月~ 

最近は、新型コロナウイルスの影響もあり、主に市内の風景写真を撮りに出かけています。長年、市内に住んでいますが、初めて訪れる場所もあります。公園や神社など写真をきっかけに、皆さんにも「お気に入り」の場所を見つけてもらえたらうれしいです。 
思い出の写真は、兄妹のほっと和む様子が伝わる写真です。兄が妹に、田植えのアドバイスをしている「声」が聞こえてくるようです。

◆鷲主玲子さん
カメラ歴:約30年
写真スタイル:風景、静物、動物、マクロ(アップ)撮影
活動期間:平成29年4月~

さまざまなイベントや場所を撮影し、これまで足を運んだことのなかった、それらの魅力に気づきました。写真を通じて、皆さんに「行ってみたいな」、「次は参加してみよう」と思ってもらえるように、雰囲気が伝わる撮影を心掛けています。 
思い出の写真は、夢中になって発掘調査をしている子どもたちの、つかの間の休憩場面を撮影したもの。一生懸命な姿を見て、私も同じ気持ちになって撮影をしました。

◆市民カメラマン写真展
毎年開催している市民カメラマン写真展。今年のテーマは「知ってほしい!各務原のこんなところ」。展示する作品は、昨年6月~今年8月に市内で撮影されたイベント・講座・風景などの写真です。 
「こんな場所で、こんなイベントが開催されているなんて知らなかった!」、「各務原市にこんな場所があったのか…」など、新たな気づきがきっとあるはずです。地区や施設など市内の「場所」に焦点を当てた写真も数多く展示します。

期間:11月10日~15日 午前10時~午後4時
場所:中央図書館3階展示室(那加門前町3)
備考:会場では感染対策を行いますが、感染拡大防止のため延期する場合があります

詳細:広報課
【電話】058-383-1900

市民カメラマンの写真は、市ウェブサイトでもご覧いただけます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU