ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

多文化共生の実現へ

3/11

岐阜県各務原市 ホームページ利用規約等

◆新型コロナウイルス感染症の外国人住民への影響
6月1日現在、市では51カ国・3443人の外国人住民が暮らしており、年々増加しています。さらに、外国人住民からの相談は、新型コロナウイルス感染症に関するものなど、感染拡大前に比べて2倍以上に増えています。 
これまでは、市国際交流員がポルトガル語と英語による通訳や生活相談業務を行っていました。しかし、外国人住民の言語の多様化への対応や、通訳を待たなければならない状況の改善が必要でした。

◆外国人住民のための窓口通訳事業がスタート
外国人住民が市役所窓口などで円滑に手続きできるように、英語やポルトガル語、中国語、ベトナム語など19言語に対応した電話通訳システムを導入しました。このシステムにより、窓口と多言語コールセンターをつないで双方の会話を通訳することできます。 
対応言語や対応窓口などの詳細は、市ウェブサイトで公開していますので、ご確認ください。

◆事前予約不要です!ぜひご活用下さい!窓口通訳事業
Step1 市職員がコールセンターに電話
Step2 コールセンターが外国人住民に電話
Step3 三者通話で会話を進める

Step1 外国人住民の言語・国籍を市職員が確認
Step2 市職員がコールセンターに電話し、言語・国籍を伝える
Step3 コールセンターで通訳をしながら、市職員と外国人住民で受話器の受け渡しを行い、会話を進める

◆ブラジル出身黒木サユリさん
児童手当や国民健康保険などの手続きは、漢字が難しくて一人ではできなかった。このサービスは、すごく便利で助かります。

◆参加してみよう!にほんごではなそうオンライン
現在、各務原国際協会は、外国人向け日本語教室を自粛しているため、外国人が日本語を学ぶ場所がなくなってしまいました。 
そこで、各務原国際協会が中心となり、ウェブ会議サービスを利用して、「にほんごではなそうオンライン」を始めました。参加を希望する同協会の日本語ボランティアと外国人をマッチングし、日本語教室だけでなく、生活相談も可能です。

日時:毎週水曜日 
・午後7時~
・午後8時~
備考:参加方法などは、各務原国際協会ウェブサイトで紹介しています。

詳細:観光交流課
【電話】058-383-1426

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU