文字サイズ
自治体の皆さまへ

家庭で取り組む火災予防

1/14

岐阜県各務原市 ホームページ利用規約等

3月1日~7日に、「春季全国火災予防運動」が実施されます。この時季はストーブなどの暖房器具を使用するため、火災が発生しやすくなります。また、空気の乾燥と強風が重なり、延焼が拡大し、被害が大きくなりやすい季節です。日頃から、火の取り扱いには十分注意し、家族ぐるみ、地域ぐるみで「火の用心」に努めましょう。 
今回は、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、扱う機会が増えている消毒用アルコールを中心に、家庭でできる火災予防を、消防本部の上村和也・消防士長が紹介します。

・火気の近くで使用しない
・密閉した室内で多量に噴霧しない
・消毒用アルコールの入った容器を落下させたり、衝撃を与えたりしない
・消毒用アルコールは、直射日光が当たる場所や高温となる場所に設置・保管しない
・室内の消毒時や、容器を詰め替える際は、通気性の良い場所や換気が行われている場所で行う
・詰め替える際は、漏れ、あふれ、飛散に注意
・消毒用アルコールを詰め替えた容器には、「消毒用アルコール」であること、「火気厳禁」などを記載をする

◆アルコールの特徴
・火気に近づけると引火しやすい
・空気より重い可燃性の蒸気が発生し、低い所にたまりやすい

気をつけてください!

◆火災予防 気を付けることは?
火災から大切な命を守るため、次の3つの習慣と4つの対策を行いましょう。

〇3つの習慣
・寝たばこは絶対にやめる
・ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する
・こんろなどのそばを離れる時は、必ず火を消す

〇4つの対策
・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する(下記参照)
・寝具、衣類およびカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する
・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する
・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制を作る

◆令和2年火災統計(速報値)
令和2年中に市内で発生した火災は32件で、令和元年より10件減少し、統計開始以降、最少でした(下表参照)。 
火災の主な原因は、たばこ、こんろ、火入れ、電灯電話などの配線です。 
令和2年は特に、「たばこ」と「こんろ」による火災が目立ちました。たばこの火を確実に消す、こんろの使用中に火から離れない、といったことに改めて気をつけましょう。

表:令和2年の火災件数と内訳

◆令和2年救急統計(速報値)
令和2年中の救急出動件数は、5605件(うち、病院への搬送は5147件)で、令和元年より545件減少しました。 
主な出動内容は、急病3544件、一般負傷949件、交通事故490件です。

◆教えて!上村さん
〇住宅用火災警報器のこと
住宅火災による死者の約5割は逃げ遅れによるものです。住宅用火災警報器は、家庭内で発生した火災をいち早く知らせてくれます。 
市では平成23年から設置が義務化されました。ご家族やご自身の命を守るためにも、住宅用火災警報器を設置しましょう。

Q.どんな種類があるの?
A.煙式と熱式があり、それぞれ煙や熱を感知して、警報音で火災の発生を知らせます。また、火災を感知した警報器だけが警報音を鳴らす単独型、火災を検知した警報器に連動し、他の警報器も警報音を鳴らす連動型があります。

Q.どこで買えるの?
A.家電量販店や、ホームセンターなどで購入できます。

Q.どこに付ければいい?
A.基本的には、寝室と寝室がある階の階段上部に設置してください。火災による死者は、就寝時間帯に多く発生しているからです。また、キッチンにも設置すると、より効果的です。

Q.お手入れは必要?
A.定期的に掃除をしてください。ほこりや汚れがあると、いざという時に正常に動作しない場合があります。同時に、電池切れや故障がないかも確認しましょう。警報器についているボタンや紐で動作確認ができます。

〇悪質な訪問販売に注意! 
一人暮らしの高齢者を狙ったものや、消防署を騙(かた)った悪質な訪問販売にはご注意ください。被害に遭(あ)ったり、不審に思ったりした場合は、近くの消防署または市消費生活相談室
【電話】058-383-1884までご相談ください。

詳細:予防課
【電話】058-382-3137

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU