ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

PCBを使用した安定器などの処分期限が迫っています

18/73

岡山県倉敷市

工場や事業場に古い年式の電気機器はありませんか。これらの機器には高濃度PCB(ポリ塩化ビフェニル)が含まれている可能性があります。
処分期限:令和3年3月31日(水)
処分施設:中間貯蔵・環境安全事業(株)(JESCO)北九州PCB廃棄物処理施設
※市の環境センターや清掃施設では処分できません。

■PCBとは
不燃性・電気絶縁性が高いなど、化学的に安定した性質を持つ無色透明の油状の物質で、照明器具の安定器、コンデンサー、変圧器などの電気機器の絶縁油など、さまざまな用途で利用されてきました。しかし、昭和43年の「カネミ油症事件」により健康被害が明らかになり、その毒性が問題となったことから、現在ではPCBの製造・輸入・新たな使用は禁止されています。

■PCBが使用されている可能性がある電気機器の一例
◇安定器
電灯のちらつきを安定させる装置で、蛍光灯や水銀灯などの照明器具に使用されています。このうち、PCBを使用した安定器は、昭和52年3月以前に建てられた専用住家以外の建物の照明器具に使用された可能性があります。該当物件を所有し、PCBの有無を未調査の人は、近くの電気工事業者などに相談し、速やかに調査してください。

◇昭和28年~47年に製造されたコンデンサーや変圧器
絶縁油に高濃度PCBが使用された可能性があります。銘板の読み取りや濃度分析でPCBの有無を判断する必要があります。

■事業者へのお願い
処分期限までにPCBを使用した機器を処分しなかった場合、法律に基づく命令や代執行などの対象となることがあるので、十分に確認してください。また、PCBを使用した安定器やコンデンサーなどを所有している場合は、速やかに問い合わせ先に連絡してください。
※店舗や工場、事業のために設置した倉庫などの建物が対象です。一般家庭用に製造された照明器具の安定器にはPCBが使用されたものはありません。

問合せ:本庁産業廃棄物対策課
【電話】426-3385
市ホームページ番号:97398

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU