ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

《特集1》新型コロナウイルス感染症支援情報(5月8日現在)(1)

3/61

岡山県倉敷市

■相談・受診の前に
基礎疾患のある人で、症状に変化がある人や、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な人は、まずは、かかりつけ医などに電話で相談してください。

■次のいずれかの症状がある場合は相談してください
・息苦しさ、強いだるさ、高熱などいずれかの強い症状がある
・重症化しやすい人(高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患などの基礎疾患がある人、透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている人)や妊娠している人で、発熱や咳(せき)などの比較的軽い風邪の症状がある
・発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続いている(4日以上続く場合は必ず)

◇帰国者・接触者相談センター
【電話】434-9819
(9時~21時。(土)(日)(祝)(休)は9時~17時)
※21時~9時、(土)(日)(祝)(休)の17時~9時は応答メッセージに従ってください
※【FAX】434-9805(平日9時~17時)

■一般的な問い合わせ先
どこに相談すればいいか分からない人、感染について不安に思う人は、下記に相談してください。専門的な助言が必要と判断した場合は、帰国者・接触者相談センターを案内します。

・厚生労働省相談窓口(9時~21時・年中無休)
フリーダイヤル【電話】0120-565653【FAX】03-3595-2756

・岡山県相談窓口
【電話】086-226-7877(24時間対応)【FAX】086-225-7283(平日9時~17時)

・倉敷市コールセンター(8時~21時・年中無休)
【電話】086-426-3030【FAX】086-426-3939

■新型コロナウイルス感染症に関する最新情報
内閣官房ホームページ「新型コロナウイルス感染症対策https://corona.go.jp/、市特設ホームページ「新型コロナウイルス関連情報」(市ホームページ番号128731)で確認してください。

■倉敷市が独自に行う3つの支援事業
※詳しくは、市ホームページで確認してください。

◇倉敷市事業継続支援金
新型コロナウイルス感染症の拡大により影響を受けた市内の事業者の皆さまに、事業継続の一助としていただくための、事業全般に広く使える支援金です。
対象:次の(1)(2)を満たす事業者。
(1)市内の中小企業者または小規模事業者(法人は市内に主たる事業所を有するもの、個人事業主は市内に住所および事業所を有するもの)
(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月~6月までのいずれかの月の売上高が、前年同月比で20パーセント以上減少している
支援額:中小企業者…20万円、小規模事業者…10万円
申請期限:9月30日(水)
主な必要書類:前事業年度(個人事業主は令和元年)の確定申告書類の写し、売り上げ減少となった月の売上高が分かるもの、口座通帳の写し、(個人事業主は)本人確認書類など
申請方法:郵送または市ホームページからオンライン申請で。本庁1階市民ホール、児島・玉島・水島・真備の各支所産業課に設置している受付ボックスに提出も可
申請書類の配布場所:市ホームページ、本庁1階市民ホール、児島・玉島・水島・真備の各支所産業課、市内の各商工会議所・商工会窓口など

問合せ:本庁事業継続支援室コールセンター
【電話】426-3050
市ホームページ番号:130842

◇倉敷市ふんばる事業者 応援事業費補助金
新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越え、事業者自らの強みを生かして「新しい生活様式」を実現するための「業態転換」「商品開発」「販路開拓・人材確保」などの新たな事業活動への取り組みを支援します。
対象:令和2年2月~6月の1カ月の売り上げが、前年同月比で20パーセント以上減少している事業者
補助対象となる取り組み例:新たなサービスを提供するための「業態転換」、感染症予防対策に資する新商品やサービスなどの「商品開発」、人の移動や接触を極力減らしつつ行う商談や面談による「販路開拓・人材確保」など。いずれも令和2年4月1日以降の実施事業が対象
補助上限額:中小企業者・小規模事業者いずれも20万円
申請方法など:市ホームページなどで公表

問合せ:本庁事業継続支援室コールセンター
【電話】426-3050
市ホームページ番号:130843

◇ぼっけぇお得な「倉敷みらい旅」事業
新型コロナウイルス感染症の収束後に、宿泊客を呼び込み地域の経済活性化を図るため、特典付きの宿泊前売プランの販売を支援します。
対象:市内の宿泊事業者
助成金額:宿泊前売プラン販売価格の40パーセント(1施設当たり上限200万円)
宿泊前売プランの主な設定条件:市内事業者と連携した助成金額以上の特典が付与された宿泊前売プラン。プランの有効期限を令和4年3月31日(木)に設定し、事業認定後から7月31日(金)までに販売することなど
宿泊前売プランの特典例:特産品購入券、農業・ものづくり体験付き、観光タクシー付きなど
申請期限:7月15日(水)
申請方法:事業認定申請書と事業計画書を、倉敷観光コンベンションビューロー(〒710-0046中央2-6-1)に郵送で。

問合せ:
倉敷観光コンベンションビューロー【電話】421-0224
本庁観光課【電話】426-3411
市ホームページ番号:131031

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU