ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

《特集2》新型コロナウイルス感染症支援情報(7月8日現在)(1)

5/75

岡山県倉敷市

支給要件など詳しくは、ホームページで確認するか、問い合わせてください。
また、感染拡大防止のため、郵送や混雑時を避けた来庁などでの手続きにご協力をお願いします。

今月号から新規に掲載した項目★
先月号から変更があった項目☆…[☆]部分が変更箇所

■倉敷市独自の支援事業
◆出産育児応援特別定額給付金 ★
国の特別定額給付金の支給対象とならなかった、令和2年4月27日時点で妊娠しており、4月28日以降に子どもを出産した母親を対象に出産育児応援特別定額給付金を支給します。
対象:次の(1)~(3)を全て満たす母親。
(1)2年4月27日までに、対象となる子どもに係る母子健康手帳の交付を受けている
(2)2年4月28日以降に出産し、その子どもが倉敷市の住民基本台帳に出生を理由として登録されている
(3)2年4月27日から申請日までの間、倉敷市に継続して住民票がある
※2年4月27日時点で、妊娠していたが、まだ母子健康手帳の交付を受けていなかった人でも対象となる場合があるので、相談してください。
支給金額:子ども1人当たり10万円
申請期限:3年3月1日(月)
申請方法:本庁子育て支援課へ郵送で。子育て支援課、児島・玉島・水島の各保健福祉センター福祉課、真備保健福祉課、庄・茶屋町・船穂の各支所窓口も可

問合せ:本庁子育て支援課(〒710-8565西中新田640)
【電話】426-3314

◆お店を応援 キャッシュレスでお得事業 ★
早期の地域経済活性化を目指すため、市内の飲食・小売店舗などでスマートフォンやタブレットでキャッシュレス決済を利用した人にポイント還元します。詳しくは、決まり次第、市ホームページなどでお知らせします。
期間:9月1日(火)~30日(水)(予定)(予定)
還元率・付与上限:20パーセント・1人当たり5,000ポイント

問合せ:本庁事業継続支援室コールセンター
【電話】426-3050(平日9時~17時)

◆事業継続に関する支援制度
申請書類の配布場所:市ホームページ、本庁1階総合案内・2階事業継続支援室、児島・玉島・水島・真備の各支所産業課、市内の各商工会議所・商工会窓口など
申請方法:本庁事業継続支援室(〒710-8565西中新田640)に郵送で。本庁事業継続支援室、児島・玉島・水島・真備の各支所産業課に設置している受付ボックスに提出も可(平日9時~17時)

◇倉敷市事業継続支援金 ☆(交付対象となり得る事業者・対象月を拡大し、申請期限を延長しました)
新型コロナウイルス感染症の拡大により影響を受けた市内の事業者の皆さまに、事業継続の一助としていただくための、事業全般に広く使える支援金です。
対象:次の(1)(2)を満たす「交付対象となり得る事業者」。
(1)市内に主たる事業所がある法人・個人事業主または市内に住所かつ事業所がある個人事業主
(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月~8月までのいずれかの月の売上高が、前年同月比で20パーセント以上減少している
支援額:
・中小企業者…20万円
・小規模事業者…10万円
申請期限:[☆]10月30日(金)(必着)
主な必要書類:前事業年度(個人事業主は令和元年)の確定申告書類の写し、売り上げ減少となった月の売上高が分かるもの、口座通帳の写し、(個人事業主は)本人確認書類の写しなど
交付対象となり得る事業者:株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、有限会社、個人事業主、医療法人、社会福祉法人、[☆]公益社団法人、[☆]公益財団法人、[☆]学校法人、[☆]特定非営利活動法人、[☆]一般社団法人、[☆]一般財団法人、[☆]企業組合、[☆]協業組合、[☆]農事組合法人

◇倉敷市ふんばる事業者 応援事業費補助金 ☆(申請期限を延長しました)
新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるため、感染防止との両立を図りつつ、事業者自らの強みを生かして取り組む、「新しい生活様式」に対応した新たなビジネス展開を応援します。
対象:次の(1)~(4)を全て満たす事業者。
(1)「倉敷市事業継続支援金」の対象要件を満たす事業者
(2)市内の事業所で「新しい生活様式」に対応した事業を新たに始めた
(3)同一事業に国や県、市など他の補助金の交付を受けていない
(4)市税の滞納がない
補助対象となる取り組み例:テイクアウトや宅配などの「業態転換」、店内間仕切りや換気設備導入などの「環境整備」、衛生用品開発やサービスのオンライン化などの「商品・サービス開発」、オンラインで行う商談や面接会などの「販路開拓・人材確保」など。いずれも令和2年4月1日以降の実施事業が対象
補助率・補助上限額:補助対象経費の5分の4。中小企業者・小規模事業者いずれも20万円
申請期限:[☆]11月30日(月)(必着)

問合せ:本庁事業継続支援室コールセンター
【電話】426-3050(平日9時~17時)
市ホームページ番号:130842、130843

◆倉敷市公共交通事業者運行継続奨励金 ★
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けながらも運行を継続している路線バス、鉄道およびタクシー事業者に奨励金を支給します。支給額など詳しくは、問い合わせ先に電話で。
対象:
(1)道路運送法第4条の許可を受け、起点・終点の両方を市内とするバス路線を有する路線バス事業者
(2)市内に本社または本店を置く鉄道事業者
(3)市内に営業所を有するタクシー事業者

問合せ:本庁交通政策課
【電話】426-3545

◆倉敷市住居確保応援給付金 ★
国の「住居確保給付金」の家賃補助を受けている人が就職などにより給付が終了となった場合、生活の立て直しを支援するため、さらに市が住居確保給付金の受給決定額1カ月分を支給します。住居確保給付金の給付が終了した世帯に個別に通知します。

問合せ:本庁福祉援護課
【電話】426-3321

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU