文字サイズ
自治体の皆さまへ

《特集2》倉敷の老舗(1)

6/75

岡山県倉敷市

市内には、激動の時代変遷の中で、さまざまな困難を乗り越えながら、長年にわたり家業の理念を堅実に守り、伝統の産業を継承してきた企業が数多くあります。市では、大正時代以前に創業した企業を老舗企業とし、「倉敷の老舗」として顕彰しています。
今年度は、大正8年以前に創業した5社へ、これまでの功績をたたえるとともに地域経済への貢献に感謝の意を込めて、感謝状を贈呈しました。

■(株)ショーワ
《所在地》児島稗田町2006
《創業年》明治38年(1905年)
《代表者》髙杉哲朗
《事業内容》
・創業時…雲斎の織物
・現在…ファッション系先染織物、デニムなど

明治38年(1905年)、初代・片山七五郎が、足袋などに使われる綾織の生地「雲斎(うんさい)」を作る織物業として創業。現在は、会長の片山雄之助さん、社長の髙杉哲朗さんのもと、染め・織り・加工までを一貫して自社工場で行うテキスタイルメーカーとして、「着る人の心を豊かにする生地」を生み出しています。
コットンだけでなくリネン・シルク・カシミヤなど、さまざまな素材をインディゴ染めしたオリジナルデニムを開発し、「ウールデニム」は、パリで開催される世界最高峰の国際的なファッション素材の見本市「プルミエール・ヴィジョン」で、平成21年(2009年)に「ハンドル賞」を受賞。令和元年(2019年)には、「ナイロンデニム」を世界で初めて完成させ、一流ブランドに採用されるなど、その卓越した技術は世界から注目を集めています。
肌にも地球環境にも優しい安全・安心な生地などのエコロジー商品の開発にも注力しながら、今後も、世界を感動させる生地に挑戦し続けます。

■(有)東洋石油商会
《所在地》玉島中央町1-24-7
《創業年》大正5年(1916年)
《代表者》長岡敬爾
《事業内容》
・創業時…内外機械油各種販売など
・現在…ガソリンスタンド、油類販売など

玉島町並み保存地区のほど近くにある1軒のガソリンスタンドが、老舗の油屋「(有)東洋石油商会」です。初代・長岡敬一が大正5年(1916年)に創業。当時は、食用油や灯油を量り売りしていました。灯油は、玉島地区の特産品だったたばこの葉の乾燥にも使われていたといいます。2代目・次夫は、高度経済成長とともに増加していった車やバイクの給油に応じるため、昭和40年ごろに現在のガソリンスタンドの形態としました。
平成14年(2002年)から経営を引き継いだ敬爾さんは、古くからのお客さまとのつながりを大切にしながら、家族経営の温かさときめ細やかさで、給油や軽整備などのサービスを日々提供しています。また、新たな客層を取り込もうと、キャッシュレス決済など時代に応じた新しいサービスにも力を入れています。スタンドの片隅に置かれた昭和40年代のクラシックバイクが、お店のトレードマーク。これからも、老舗油屋として、地域のお客さまの生活のそばにあり続けます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU