文字サイズ
自治体の皆さまへ

家族でつなぐ新しい農業経営 農業における家族経営協定を締結

8/24

岡山県西粟倉村

令和2年11月16日、西粟倉村役場において、認定農業者の井上誠氏と後継者の井上吉樹氏が農業における家族経営協定を締結しました。
本協定は、家族農業経営に携わる世帯が、意欲とやりがいを持って経営に参画できる魅力的な農業経営を目指し、経営方針や役割分担、家族みんなが働きやすい就業環境などについて、家族間の十分な話し合いに基づき取り決めるものです。
井上家では「楽しい農業経営の継続」を目標に掲げ、給与や役割分担、休暇のあり方および経営移譲のための期限を設定し、後継者へ引き継いでいくための意思表示などを協定書に盛り込みました。
井上誠氏は、「Uターン後に農業をはじめた。好きでやっているうちに農地が拡大できた。防除、草刈、獣害駆除など手はかかることがまだまだあるが、若い世代にクリアしてもらい引き継いでもらいたい」と語られました。
これに対し、井上吉樹氏は、「無理のないよう安全に引き継いでいきたい」と語りました。
農業従事者が高齢化していく中、官民一体となって、若手就農者の育成に今後も務めていきます。

問合せ:西粟倉村産業観光課

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU