ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康だより

9/31

岩手県滝沢市

■権利を守るために~成年後見制度とは~
成年後見制度は、認知症や知的障がい、精神障がいなどにより判断能力が十分でない人を支援するための制度です。成年後見人(後見人、保佐人、補助人)などが本人に代わり、財産や権利を守ります。

▽こんなときには制度の利用を
(1)通帳や印鑑を何度も無くす、銀行に行っても暗証番号を忘れてお金を下ろせない
(2)介護保険などのサービスや施設入所の手続きで、契約書の内容を理解できず困っている
(3)将来、自分が認知症になった時、または障がいのある自分の子のために信頼できる人に支援をお願いしたい など

▽成年後見制度を利用するための方法と費用
(1)制度の利用には、家庭裁判所への申し立てが必要です。申立・登記手数料、郵便切手、診断書作成料などに1~2万円程度の費用と、鑑定が必要な場合は10~20万円程度の費用がかかります。
(2)申し立て後、家庭裁判所が後見人を選びます。後見人には、親族の他、弁護士、司法書士、社会福祉士などの専門家が選ばれます。後見人に対する報酬は本人が払います。報酬額は家庭裁判所が決定しますが、一般的には月に2万円程度です。

▽成年後見人などができること
(1)本人のために診療・介護・福祉サービスなどの利用契約を結ぶこと
(2)本人の預貯金の出し入れや不動産など、財産を管理すること など

▽相談には「盛岡広域成年後見センター」をご利用ください
成年後見制度の利用促進を図るため、4月20日に「盛岡広域成年後見センター」を開設しました。センターでは、制度に関する相談対応、申立書類の作成、利用支援、成年後見人などの担い手の育成などを実施しており、必要としている人が適切に利用できるように支援しています。

▽『市民後見人』になりませんか?
後見人などの担い手として期待される『市民後見人』の養成講座を開催します(9月24日(木)~11月26日(木)。詳細は8月15日発行のお知らせ版に掲載)。社会貢献に興味のある人はぜひご参加ください。

制度に関する相談:盛岡広域成年後見センター
【電話】626・6112【FAX】656・0612
住所:盛岡市中央通1・1・16岩手教育会館2階(盛岡城跡公園向かい、サンビル隣)
受付時間:午前8時半~午後5時半(土・日・祝日休み)

■いきいき百歳体操に取り組もう
▽いきいき百歳体操とは
高知県高知市で理学療法士(リハビリの専門家)によって開発された体操です。2002年から取り組みが始まり、現在では全国1500以上の市町村で取り組まれています。1本200gの重りを自分の体力、筋力に合わせて調整し、トレーニングできます。元気な人でも、体力に自信のない人でも、何歳から始めても週に1回以上実施することで筋力を維持・向上できます。参加者からは、「立ち座りが楽になった」「よく眠れるようになった」「友達ができた」という声を頂いています。

▽市ではこんな取り組みを実施しています
現在、市では7カ所のグループ(いきいきサロンや、自主的な集まり)でいきいき百歳体操に週1回取り組んでいます。昨年9月に「いきいき百歳体操交流大会」を開催し、体力測定や、90歳以上の参加者の表彰などを実施しました。

▽皆さんの地域でも百歳体操を始めませんか
市は、「いきいき百歳体操サポーター」を養成します。講座修了後に、地域で百歳体操を実践できます。

(1)日付・内容
・1回目 9月10日(木)「介護予防や運動の必要性について」など
・2回目 9月17日(木)「体力測定の方法」「サポーターの役割」など
(2)時間 午後1時半~午後3時半
(3)会場 滝沢市役所防災庁舎201会議室
(4)対象者 全2回の日程に参加でき、修了後にサポーターとして活動できる人
(5)持ち物 筆記用具、飲み物、動きやすい服装、靴、マスク
(6)申し込み期限 9月3日(木)

(7)問い合わせ 地域包括支援センター
【電話】656・6523
(8)その他
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスクの着用と参加時の手指消毒、体温測定にご協力をお願します。また、発熱などの風邪症状がみられる人は当日の参加をご遠慮いただくことがあります。

▽いきいき百歳体操の紹介
1、2、3で上げ、4で足首を反らす
5、6、7、8で下ろす10回やったら反対も

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU