ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

国際交流のひろば vol.31 占い

37/59

島根県出雲市

フィンランドでは、6月のまつりで伝統的な占いを行うそうです。
今回は、各国の占いについて紹介します。

■タンヤ国際交流員 フィンランドの占い
フィンランドでは伝統的に占いをする日が二日あります。12月31日の夜に、金属を溶かして、氷水のバケツに投げ、出来た塊の形から新年を占います。また、6月21日夏至の祭りの日も占いをします。種類はたくさんありますが、それらはすべて結婚や恋愛に関係したものです。
昔からトランプカードで占いをするのが一般的で、出来る人がいると、必ずパーティーに誘います。15歳の時に住んでいたイナリ町の文化課長は十代向けのサマーキャンプでトランプ占いをしてくれて、皆に「世界一カッコいい大人」と言われるようになりました。

■カミーラ国際交流員 ブラジルの占い
ブラジルにある占いは、様々な方法がありますが、ブラジルの南東地方でよく使用されるのは三つです。
一つ目は「タロット」というヨーロッパのカード占いで、よく使われるカードはマルセイユ版タロットです。二つ目は星占いです。最近特に若者に人気が出てきて、1週間又は1か月の星占いが書いてある雑誌が多く、結果を気にする人がたくさんいます。三つ目は「ブジオス」という子安貝を使うアフリカ系の宗教の占いです。アフリカ系民族が多いリオデジャネイロ州で人気があります。

■ジリアン国際交流員 アメリカの占い
アメリカで一番人気がある占いは占星術です。ほとんどの人が生年月日から自分の星座を知っており、新しく知り合った人に「あなたの星座は何?」と聞く人も多いです。日本でも星座占いは広く知られていますが、アメリカでは生年月日だけでなく、生まれた時間と町により、さらに詳細な結果を知ることができます。現在アメリカでは『birth chart』が流行っており、占星術が詳しい人のネット上相談サービスがブームになっています。自分で勉強している人も増えています。

国際交流員は、国際理解教育の場などに積極的に参加し、地域の国際化のために活動しています。

問合せ:文化国際室
【電話】21-6576

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU