ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

地産地消コーナー OH!まいがな出雲!

20/54

島根県出雲市

地元でとれる食材のおいしさを再発見してもらい、積極的に消費してもらいたい!地元食材や生産者に親しみをもってもらい、地域への愛着を深めてもらいたい!との思いで、いろいろな情報をお届けします。

■Vol.37 もうすぐデラウェアの季節です
出雲市にはたくさんの特産品がありますが、中でも多く栽培されているのが「デラウェア」です。大社町を中心に、平田地域や斐川地域でも栽培されています。
4月22日に初出荷があり、これから最盛期を迎えます。

◇JAしまね出雲ぶどう部会~もっと恋しよ 縁むすぶどうプロジェクト~
出雲市でのぶどうの栽培は、昭和11年ごろから大社地区を中心に始まり、最も多い時は年間約3,900トンの生産量がありました。しかし、近年は生産者や栽培面積が減少し、生産量も減少してきています。そこで、JAしまね出雲ぶどう部会では、平成30年から「どげでも守ろう出雲ぶどう!」をスローガンに掲げ、生産者数の維持や新規就農者の確保、栽培面積の維持など、産地としてめざす姿を生産者が共有し、さまざまな活動を行っています。
販売戦略部門については、生産者の女性や青年部が中心となって取り組んでいます。「丹精込めてつくったおいしいぶどうをたくさんの人に食べてもらいたい」、「出雲がぶどうの産地であることをもっと多くの人に知ってもらいたい」という思いから、「もっと恋しよ 縁むすぶどうプロジェクト」というチームを立ち上げ活動がスタートしました。昨年から各種イベントへの参加や、SNSの活用、チラシの作成・配付によるPRなどが行われています。今後は、出雲農林高校との共同で加工品開発にも取り組む予定です。このほど、ポスターが完成し、ぶどう集荷所をはじめ、市内各所に掲示されました。
さわやかな甘みとほのかな酸味のデラウェアをご賞味いただき、生産者のみなさんの活動や出雲のぶどうについて、ぜひ知っていただきたいと思います。
※「恋ぶどう」とは、出雲の縁結びのイメージと甘酸っぱいぶどうのイメージを重ね合わせて作られた言葉です。

今月の担当:農業振興課
【電話】21-6557

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU