文字サイズ
自治体の皆さまへ

お酒の飲み方大丈夫ですか?

14/58

島根県出雲市

適度な飲酒は心身のリラックス効果や血液の流れを良くしたり、動脈硬化を予防するなど心身ともに有益な作用をもたらします。一方、多量の飲酒や未成年・妊婦の飲酒など不適切な飲酒は、肝臓などの身体だけではなく、心の健康にも影響を及ぼします。
アルコールの処理能力は、性別や年齢によっても差があります。女性や高齢者は成人男性の適正飲酒量の半分が適量といわれ特に注意が必要です。ご本人だけでなく、家族への影響も大きくなりますので、飲酒量や飲み方に気をつけましょう。

■成人男性の1日の適度な飲酒量は純アルコール20g程度です
※女性・高齢者はこの半量
《純アルコール20gの目安》
・日本酒1合(180ml)
・ビール中瓶1本(500ml)
・ワイングラス1.5杯(180ml)
・焼酎0.6合(110ml)
・ウイスキーダブル1杯(60ml)
・チューハイ(5%)ロング缶1本(500ml)

■適正飲酒の10か条
(1)楽しく飲むのが一番
(2)食べながら適量範囲で
(3)強いお酒は薄めて
(4)週に2日は休肝日
(5)長時間飲み続けない
(6)他人に無理強いしない
(7)薬と一緒に飲まない
(8)妊娠中と授乳中は避ける
(9)飲酒後の運動・入浴は要注意
(10)肝臓などの定期検査を

問合せ:健康増進課
【電話】21-6976

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU