文字サイズ
自治体の皆さまへ

生涯1度の大切な検査『肝炎ウイルス検診』を受けましょう

12/52

島根県出雲市

「肝炎ウイルス」は、人の肝臓の細胞に感染し、炎症を引き起こすウイルスです。
肝機能の数値に異常がなく、自覚症状がなくても感染している可能性があります。
感染に気がつかないうちに肝臓の炎症によって細胞が壊れ、慢性肝炎から肝硬変に進行し、肝がんになる恐れがあります。
肝がんの8割以上がC型・B型肝炎ウイルスによるものです。
検査で早期発見し、早期治療をすることで、肝硬変や肝がんになるリスクを下げることができます。

■出雲市が行う肝炎ウイルス検診
血液検査で肝炎ウイルス(C型・B型)の感染を調べます。検査は、少量の血液を採取するだけです。
40歳以上で今まで1度も検査を受けていない方は、生涯に1度無料で受けることができます。

◇対象者
今年度40歳の方(昭和57年4月1日から昭和58年3月31日生まれ)
41歳以上で今までに肝炎ウイルス検診を受けていない方(昭和57年3月31日以前生まれ)

◇受診方法
特定健康診査や事業所の健康診断などの採血にあわせて行います。
※肝炎ウイルス検診だけを受けたい場合は、出雲保健所(【電話】21-1191)へおたずねください。

◇実施期間
7月1日~令和5年3月31日

◇実施場所
出雲市指定医療機関
※肝炎ウイルス検診を実施していない医療機関もありますので、事前に健診を受診される医療機関にご確認ください。

問合せ:健康増進課
【電話】21-6979

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU