文字サイズ
自治体の皆さまへ

障がい者の差別解消

20/28

島根県雲南市

障がいのある方もない方も、互いにその人らしさを認め合いながら、共に生きる社会をつくりましょう。

◆障害者差別解消法とは?
この法律では、役所や会社・お店などの事業者が障がいのある方に対し、「不当な差別的取扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求めることによって、障がいのある方もない方も共に暮らせる社会をめざしています。

○「不当な差別的取扱い」とは?
障がいのある方に対して、正当な理由なく、障がいを理由として、サービスの提供を拒否することや、サービスの提供にあたって場所や時間帯などを制限すること、障がいのない方には付けない条件を付けることなどが禁止されています。

○「合理的配慮」とは?
合理的配慮とは、障がいのある方から助けを求められた場合、事業者は負担が重くなり過ぎない範囲で対応することです。理由を説明し、別のやり方を提案することも含め、理解を得るよう努めることが大切です。

〈不当な差別的取扱いの例〉
・段差があるという理由で、車椅子の客はお店に入らせない。
・障がい者向けの物件は無いと言って対応しない。
・本人を無視して介助者や支援者、付き添いの方だけに話し掛ける。

▽対象となる「障がい者」は?
この法律に書いてある「障害者」とは障害者手帳を持っている方のことだけではありません。身体障がい、知的障がい、精神障がいのある方など、障がいや社会生活に相当な制限を受けている方が対象です。

▽対象となる「事業者」は?
会社やお店はもちろんのこと、同じサービスなどを繰り返し継続する意思を持って行う方たちを言い、ボランティア活動をするグ
ループなども含みます。

◆困ったときは…
障がいのある方が不当な差別的取扱いを受けていた、合理的配慮を提供してもらえなかったなど困ったこと
がありましたら、下記まで相談してください。

問合せ:長寿障がい福祉課(地域協議会事務局)
【電話】0854-40-1042
※地域協議会…障がいを理由とする差別の解消に向けた取り組みを推進するため、地域の関係機関により構成された組織です。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU