文字サイズ
自治体の皆さまへ

歯科衛生士からのお話 イキイキとした生活は健康なお口から

7/37

島根県雲南市

■歯周病 歯の喪失の原因No.1
○細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯周ポケット)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し歯肉辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。そして進行すると歯周ポケットが深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後には抜歯をしなければいけなくなってしまいます。また、歯周病菌が出す毒素によって糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高くなります。

~歯周病治療の流れ~
〈検査〉
歯周病の進行度を調べます。
歯周ポケット(歯と歯茎の境目の溝)の深さを測ります。
ポケットが深かったり、出血や膿を認めた場合には要注意です。

〈歯磨き 歯石除去〉
歯磨き指導や歯石の除去を行います。
歯の表面には歯石が沈着しますが、実はこの写真のように外からは見えない歯根の部分にも歯石が沈着します。これらの歯石も取り除く必要があります。
※写真は広報紙をご覧ください。

歯磨きにより歯茎が引き締まり、歯石の除去も効果的に行えます。歯石を取り除くことにより、細菌が減りさらに歯茎が引き締まります。

〈メンテナンス〉
治療後も歯茎の状況を良くするために定期的にメンテナンスを行います。

歯周病は予防でき、治療も可能です。歯周病の治療をすることは、全身を健康に導きます。大切なのは、予防・診断・治療そして歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメンテナンスを定期的に受けることです。なお、市立病院歯科口腔外科は口腔外科と入院患者さんの口腔ケアに特化した診療を行っていますので、一般的な外来歯科治療(虫歯や歯周病や義歯の治療など)は、かかりつけ歯科医院での治療をお願いしています。口の健康を通じて、全身の病気を予防し、毎日健康で過ごしていただくため、ぜひかかりつけの歯科医院を受診しましょう!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU