文字サイズ
自治体の皆さまへ

固定資産税の適正な課税を行うために「固定資産の異動」をお知らせください

10/34

愛媛県久万高原町

固定資産税は、毎年1月1日現在に、土地、家屋、償却資産を所有している人が納める税金です。

■取り壊した建物はないですか?
建物を取り壊したときは、固定資産税係に届け出をしてください。届け出がない場合、来年度以降も課税される場合があります。

■所有者変更の届け出を忘れていませんか?
登記されていない建物を、売買や相続した場合は届け出が必要です。変更届を提出していただかないと、来年度以降も前の所有者に課税される場合があります。

■新築・増築はしていませんか?
建物は、住宅以外に店舗、車庫、倉庫も課税対象となります。本年中に新築・増築をされた方はご連絡ください。それ以前のものでも、役場から調査に伺っていない物件がある場合はご連絡ください。また、近隣の方の建物でお気づきのことがありましたら、同様にご連絡ください。

■家屋の実態調査について
町内にある建物は、所有者が町外にいても、すべて課税対象となります。
今月の自治会文書で「家屋の実態調査」を回覧しますので、回答にご協力をお願いします。

固定資産税係では、登記や届け出、調査情報を基に、建物の評価調査を行います。事前に連絡したうえで訪問しますので、該当の方はご協力をお願いします。
※登記済建物の取り壊しなど、各種異動があった場合は、所管の法務局へ必ず届け出をお願いします。

問い合わせ先:住民課 税務収納管理班 固定資産税係
【電話】21-1111(内線123・124)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU