ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ〈助成・補助減免制度1〉

9/22

新潟県妙高市

■産前産後免除申請の受付を開始
対象:出産日が平成31年2月1日以降の妊産婦
内容:産前産後期間の国民年金保険料を免除
・免除期間…出産予定日の前月から4か月間 ※多胎児は期間が異なります
・申請期間…4月1日から
・申請に必要なもの…母子健康手帳・年金手帳・印鑑など
申し込み・問い合わせ:
上越年金事務所国民年金課 【電話】025・524・4112
市健康保険課 【電話】74・0056

■平成31年度手当額の変更
◇特別障害者手当・障害児福祉手当
・特別障害者手当…月額2万7200円(260円増額)
・障害児福祉手当…月額1万4790円(140円増額)

問合せ:福祉介護課
【電話】74・0015

◇児童扶養手当・特別児童扶養手当
・児童扶養手当…全部支給:月額4万2910円(410円増額)、一部支給:月額4万2900円~1万120円(410円~90円増額)
・特別児童扶養手当…1級:5万2200円(500円増額)2級:月額3万4770円(340円増額)

問合せ:こども教育課
【電話】74・0039

■軽自動車税の減免
対象:
(1)身体障害者手帳、戦傷病者手帳の交付を受けていて、減免規定の等級にあてはまるかた
(2)療育手帳の交付を受けていて、障がいの程度が「A」のかた
(3)通院医療費の公費負担番号が記載されている精神障害者保健福祉手帳の交付を受けていて、障がいの程度が1級のかた
内容:
・減免条件…次の(1)~(3)にあてはまるかたが自ら運転する軽自動車、または(1)~(3)にあてはまるかたと生計を同一にするかたなどが運転する軽自動車で、主に障がい者のために使用するもの
・注意事項…減免の対象となるのは1人1台で、別の車両(普通自動車含む)で減免を受けている場合は対象外。また、営業用車両も対象外
申込方法:5月24日(金)まで※昨年減免を受けたかたには申請書類を送付
その他:申請書にはマイナンバーの記載が必要

問合せ:市民税務課
【電話】74・0011

■人間ドック費用を助成
新規に助成を希望するかたは、申請書類を送りますので、市健康保険課までご連絡ください※平成29~30年度に助成を受けたかたには申請書類を送付しますので、連絡は必要ありません。なお、6月初旬までに75歳になられるかたは国保での助成対象でないため、書類の送付はありません
対象:国民健康保険加入者で35歳以上のかた
内容:
・助成対象時期…6月~翌年3月
・助成額…1万5千円(平成31年度中に75歳になるかたは1万円)
その他:ミニドックに対する助成は廃止

問合せ:健康保険課
【電話】74・0014

■自宅からの通学費を支援
対象:市内に居住し、上越地域外の大学などに公共交通機関で通学する30歳未満のかた
内容:
・貸与額など…通学に要する定期券購入費の合計額(月上限5万円、年上限60万円)で在学する学校の最短修業年限まで貸与
・返還方法…貸付を終了した月(卒業や退学辞退等含む)の翌月から6か月経過後、4年以上8年以内の期間で返還(返還期間中に市内に住所を有しながら職場へ通勤する場合は、返還額の3分の2に相当する額の返還を免除)
申し込み・問い合わせ:建設課
【電話】74・0025

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階