ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

town topics ―市内の出来事(2)

5/22

新潟県妙高市

◆2/27 新たな冬のプログラムを体験
スノーシュー&温泉水中運動体験会
今年から、スノーシューイングを取り入れた冬の健康保養地プログラムを新たに実施するための体験会をほっとアリーナ妙高高原とその周辺で開催し、市民20人が参加しました。
スノーシューイングを楽しんだ後、天然温泉を使用したプールで、膝や腰にやさしい水中運動やリラクゼーションを行いました。

◆2/28 お互いの郷土の良さを発表
中学校学習交流会
アルペンブリックを会場に妙高高原中1年生28人と新潟市立高志中等教育学校1年生119人の学習交流会が開かれました。生徒たちはお互いの郷土について交通、観光、文化・伝統、医療福祉、食産業・農業、環境のテーマに分かれて発表し、質疑応答が行われました。また、学習会後には、妙高市の引場顧問による講演会も行われました。

◆3/3 餅つきを体験
友楽里館ひなまつり餅つき大会
3月3日のひな祭りに合わせ友楽里館を会場に餅つき大会が開かれ、利用者や地域のかたなど30人ほどが集まりました。子どもたちが順番につき手となり、掛け声に合わせて力強く杵(きね)を振り下ろし昔ながらの餅つきを楽しみました。
その後、つきたての柔らかいお餅をきなことあんこで美味しそうに味わっていました。

◆3/9小・中学生がスピード感あふれる滑り
妙高スピードクロスカントリースキー競技大会
妙高ふれあいパークを会場に開催され、市内外の小中学校から約120人が参加しました。この大会は、クロスカントリーの大会としてはとても珍しくナイターで行われ、距離も1キロと短いスプリント競技です。
全体を見渡すことができるコースで観客の皆さんの応援にも力が入っていました。

◆3/10 春を告げる和太鼓の祭典
和太鼓フェスティバル
市文化ホールを会場に、景虎太鼓や須弥山太鼓保存会、特別ゲストとして燕市の分水太鼓など8団体が演奏を披露しました。当日はおよそ500人の観客が訪れ、各団体の迫力ある演奏などを全身で感じていました。
演奏終了後は、米粉入りクッキーなどの特製妙高スイーツが当たる大抽選会が行われました。

◆3/10 本気でやる雪合戦
第8回妙高スポーツ雪合戦大会
池の平温泉イベント広場を会場に開催され、日本全国から23チーム170人が参加しました。スポーツ雪合戦とは、コート内に設置された障害物に隠れながら、相手チーム全員に雪玉を当てるか、相手陣地内の旗を取ることで勝敗を決めるスポーツ競技です。
各チームとも遊びとは違った戦略性の高い熱い戦いを繰り広げました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU