文字サイズ
自治体の皆さまへ

鳥屋野潟の恵みを考え、食する会

8/17

新潟県新潟市中央区

取材レポート! 今年は「新しい生活様式」で開催
2月7日、「鳥屋野潟の恵みを考え、食する会」が山潟会館で開催されました。鳥屋野潟の恵みに感謝し、潟の環境を未来に受け継ぐため、山潟地区コミュニティ協議会が主催しています。22回目を迎える今年は、新型コロナウイルス感染症の対策として、料理の提供は自粛し、勉強会という形で開催されました。
はじめに、同コミ協会長から、鳥屋野潟周辺整備事業について、県の資料に基づき説明がありました。次に、市環境政策課の職員が潟の水質をテーマに講演し、下水道の整備や清掃活動などによって、潟の水質が改善してきていることをグラフで解説しました。最後に、鳥屋野潟漁業協同組合から、潟での漁の方法や調理の工程について説明があり、参加者の皆さんは、行政・地域のそれぞれの活動報告に、熱心に耳を傾けていました。
参加した漁業協同組合の方は、「説明資料がわかりやすく、良い勉強になりました。来年は鳥屋野潟の恵みを味わえるといいですね」と期待を込めて話していました。また、持ち帰り用に用意された「鯉のうま煮」(下写真)については、「鯉の代表的な調理方法で、調味料を加えながら3回火入れして、丁寧に作っています。どなたでも食べやすく作ってありますよ」と話していました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU