文字サイズ
自治体の皆さまへ

ウオーキングで健康づくり

2/15

新潟県新潟市北区

新型コロナウイルス感染症の影響で、外出する機会が減っています。感染症対策を万全にし、自然の風景を眺めながら楽しく体を動かしてみましょう。
活動的な毎日は生活機能低下のリスクを減らします。

◆なぜウオーキング?
活動的な毎日は、生活機能低下のリスクを減らします
・生活習慣病(メタボ)の予防・改善
・運動器症候群(ロコモ※)の予防・改善
※ロコモティブ・シンドローム
骨や関節の病気、筋力・バランス能力の低下により、介護が必要となるリスクが高い状態
・脳の活性化と認知機能の維持・向上
・体力のベースとなる心肺機能の向上
・リフレッシュ効果もバツグンです

◆どのくらい行えばいいの?
厚生労働省の推奨する目標は…
(1)まずは今より10分長く歩こう!!(階段を使う、近所には徒歩で)
(2)歩数で見るなら、1日8千歩(6km)程度
※日常的活動(買い物など)+運動(ウオーキングなど)
(3)30分以上の運動を週2回以上継続

運動習慣のない人、自己流のウオーキングを見直したい人に、安全で健康づくりに効果的なウオーキング方法の講座を行っています。詳しくは健康福祉課に問い合わせてください。

◆〈歩きかた〉無理せず「快適なペース」が基本
・リズミカルに歩きます呼吸も歩くリズムに合わせて
・胸をはり背筋を伸ばす
・腕は前後にリラックスして
・膝を伸ばすかかとから着地
・脚の付け根(太腿)を大きく動かす意識で
・顎を引く視線は数十メートル先
・目立つ色の服(夜間は白)

※運動時にマスクを着けて息苦しさを感じたら、休憩をとり無理ないように

◆新型コロナウイルス感染症対策も万全に
▽感染防止の3つの基本
・十分な距離の確保
・マスクの着用
・手洗い・手指消毒

▽体調をチェック 密閉、密集、密接を避ける
・一人または少人数で
・すいた時間、場所を選ぶ
・ほかの人との距離を確保
・すれ違う時は距離をとる

▽そして熱中症にも注意して
・こまめな水分・塩分の補給・休憩の確保
・風通しの良い服装で

◆公園を歩いてみよう
北区8エリアのコースを紹介
あるキタクなる!健幸ウオーキングマップ
健康福祉課で配布中

問合せ:健康福祉課
(【電話】025-387-1340)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU